お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-28 16:15
[招待講演]複数受信アンテナを用いた周期定常性検出に基づく低演算量なスペクトルセンシング
成枝秀介長 大樹明石高専SR2015-8
抄録 (和) スペクトルセンシングに一般的な空間ダイバーシチ方式を適用する場合,各受信アンテナ素子から得られる信号の位相を検出し,これら位相を揃えて合成する必要があるが,検出すべき無線信号が極めて微弱であるため,位相の検出が困難である.また周期定常性検出に基づくスペクトルセンシング技術について,センシングに要する演算量は決して少なくないことが知られており,これに空間ダイバーシチ方式を適用すると,受信アンテナ数が増加するにつれて演算量が増加する.著者らはこれまでに,演算量の少ない最大周期自己相関選択を元にした複数受信アンテナを用いた周期定常性検出に基づく様々なスペクトルセンシング技術の検討を行ってきた.検討技術は,各受信アンテナから得られた信号から直接検定統計量を計算し,それらを合成する.本稿では,これらセンシング技術について述べる. 
(英) Spectrum sensing technique must detect an extremely weak radio signal, and several techniques based on multiple receive antennas have been reported for the improvement of spectrum sensing performance. In general space diversity techniques, phase of signals obtained from each received antenna is arranged to combine these signals, however, because the amplitude of these signals is an extremely weak, it is difficult to detect the phase of these signals. On the other hands, the computational costs of the spectrum sensing increases in proportion to the number of receive antenna. Because the computational costs of the cyclostationarity detection based spectrum sensing are not small, the computational costs of the antenna diversity employed spectrum sensing must be reduced. Authors considered and reported some computationally efficient spectrum sensing techniques based on maximum cyclic autocorrelation selection using multiple receive antennas so far. These techniques combine the test statistics obtained from each receive antenna. In this paper, these computationally efficient spectrum sensing techniques are described.
キーワード (和) コグニティブ無線ネットワーク / スペクトルセンシング / 信号の周期定常性検出 / 空間ダイバーシチ方式 / OFDM信号 / / /  
(英) Cognitive radio network / cyclostationarity detection based spectrum sensing / space diversity / OFDM signal / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 62, SR2015-8, pp. 45-52, 2015年5月.
資料番号 SR2015-8 
発行日 2015-05-21 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2015-8

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2015-05-28 - 2015-05-29 
開催地(和) 明石市立産業交流センター 
開催地(英) Akashi-Sangyou-Koryu-Center 
テーマ(和) コグニティブ無線,周波数有効利用(センシング,ホワイトスペース利活用),ソフトウェア無線,一般 
テーマ(英) Cognitive radio, Efficient spectrum utilization, Software defined radio, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数受信アンテナを用いた周期定常性検出に基づく低演算量なスペクトルセンシング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computationally Efficient Spectrum Sensing Based on Cyclostationarity Detection Using Multiple Receive Antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線ネットワーク / Cognitive radio network  
キーワード(2)(和/英) スペクトルセンシング / cyclostationarity detection based spectrum sensing  
キーワード(3)(和/英) 信号の周期定常性検出 / space diversity  
キーワード(4)(和/英) 空間ダイバーシチ方式 / OFDM signal  
キーワード(5)(和/英) OFDM信号 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 成枝 秀介 / Shusuke Narieda / ナリエダ シュウスケ
第1著者 所属(和/英) 明石工業高等専門学校 (略称: 明石高専)
National Institute of Technology, Akashi College (略称: NIT, Akashi College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長 大樹 / Daiki Cho / チョウ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 明石工業高等専門学校 (略称: 明石高専)
National Institute of Technology, Akashi College (略称: NIT, Akashi College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-28 16:15:00 
発表時間 45 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2015-8 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.45-52 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2015-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会