電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-28 13:00
マルチビーム衛星搭載用ディジタルチャネライザの帯域幅に関する一検討 ~ 災害時不均一呼量を考慮した場合の評価 ~
遠藤邦夫NEC)・岡田和則三浦 周NICT
抄録 (和) 大口径マルチビームアンテナを搭載する通信衛星と携帯端末を接続する通信システム技術として,ディジタルチャネライザの周波数利用効率の検討が進められている.このシステムでは,衛星にディジタルチャネライザを搭載して,災害時等におけるトラヒック変動に柔軟に対応することとしている.チャネライジングにはチャネルを複数個束ねたサブチャネル単位で実施することとしているが,サブチャネルに束ねられるチャネル数は各種パラメータにより最適値が変化することから,パラメータスタディによる検討がなされている.これまでの研究で主としてサブバンド幅の定数倍がフィーダリンク幅に近い値になったときに周波数利用率が良くなることを示した.しかしこれはすべての衛星ビームで呼量が一定である条件であった.海域では絶対的な呼量が少ないことや,災害時には被災地域に呼量が増えることといった呼量不均一の条件を考慮していなかった.そこで本稿では,災害時トラヒック条件を仮定して最適なサブバンド幅の検討を実施したので報告する. 
(英) Communications system with which the communication satellite into which large diameter multi-beam antenna is loaded and the mobile terminals are connected is under developed.
Consideration of the frequency use efficiency of digital channelizer is advanced for this system.
This system has capability to give a reaction flexiblly to a traffic volume increase at a large scale disaster occurs by loading digital channelizer into the satellite.
Channelizing is performed by the sub-band unit which is packed several channels by channelizer.
But because optimal value changes by a parameter variously, the number of channels packed by a sub-band together is considered by parameter study.
When fixed number double of the sub-band width was mainly the value near the feeder link width by the former study, which is showed that the frequency rate of utilization becomes good.
But it was the condition this was all satellite beams, and that call amounts are fixed.
Call amounts are absolute little in the sea area and non-uniform traffic which cause of large scale disaster in the disaster area were not considering the condition.
So, study of optimal sub-band under the traffic condition which is non-uniform traffic in large scale disaster is reported.
キーワード (和) 衛星 / チャネライザ / サブバンド / マルチビーム / / / /  
(英) STICS / channlizer / sub-band / satellite / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 56, SAT2015-1, pp. 1-5, 2015年5月.
資料番号 SAT2015-1 
発行日 2015-05-21 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2015-05-28 - 2015-05-29 
開催地(和) 東京都市大学世田谷キャンパス 
開催地(英) Tokyo City Univ. (Setagaya Campus) 
テーマ(和) 符号化、変復調、信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2015-05-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチビーム衛星搭載用ディジタルチャネライザの帯域幅に関する一検討 
サブタイトル(和) 災害時不均一呼量を考慮した場合の評価 
タイトル(英) A Performance Study on Bandwidth in Digital Channelizer for Multi-beam Satellite 
サブタイトル(英) Non-uniform Offered Load in Each Beam Area during Large Scale Disasters 
キーワード(1)(和/英) 衛星 / STICS  
キーワード(2)(和/英) チャネライザ / channlizer  
キーワード(3)(和/英) サブバンド / sub-band  
キーワード(4)(和/英) マルチビーム / satellite  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 邦夫 / Kunio Endoh / エンドウ クニオ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 和則 / Kazunori Okada / オカダ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 周 / Amane Miura / ミウラ アマネ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-28 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2015-1 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.56 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SAT-2015-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会