電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-28 15:15
周波数共用環境におけるシステム間干渉を考慮した状態遷移モデルに基づく電波環境認識技術の提案
笹木裕文山田貴之増野 淳杉山隆利NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数の無線システムが周波数を共用するヘテロジニアスネットワークにおいて,システム内干渉に加えてシステム間干渉がランダムなタイミングで発生する環境で,確率的に干渉を低減する無線リソース制御を行うためには,電波の発生源毎に周波数利用状況の統計的特徴を認識する必要がある.しかし,複雑に重畳した電波のセンシング情報から発生源毎の統計的特徴を直接取得することは一般的に困難である.このため本稿では,状態遷移モデルを用いて各端末が発した電波の時間占有率と発生頻度を個別に推定する電波環境認識技術を提案する.さらに,上記の環境に存在し,ランダムに電波を発する端末の時間占有率と発生頻度の推定精度を計算機シミュレーションで評価し,提案技術の有効性を示す. 
(英) In heterogeneous wireless networks with spectrum sharing, radio wave collisions often occur randomly by not only intra-system but also inter-system interference. It is important to recognize the statistical characteristics of the radio resource used by individual stations for resource control to reduce the collisions stochastically. However, it is typically difficult to recognize them from the complicatedly overlapped radio waves. In this paper, we propose a radio environment statistical recognition technique that estimates channel occupancy ratios and occurrence frequencies of radio waves from individual stations by using a state transition model. We evaluate the estimation performance of the statistical characteristics of radio waves transmitted randomly by unknown system’s stations in the heterogeneous wireless networks to validate the proposed technique by computer simulation.
キーワード (和) 電波環境認識 / ヘテロジニアスネットワーク / 状態遷移モデル / マルコフ連鎖 / / / /  
(英) Radio Environment Recognition / Heterogeneous Wireless Network / State Transition Model / Markov Chain / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 62, SR2015-6, pp. 31-38, 2015年5月.
資料番号 SR2015-6 
発行日 2015-05-21 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2015-05-28 - 2015-05-29 
開催地(和) 明石市立産業交流センター 
開催地(英) Akashi-Sangyou-Koryu-Center 
テーマ(和) コグニティブ無線,周波数有効利用(センシング,ホワイトスペース利活用),ソフトウェア無線,一般 
テーマ(英) Cognitive radio, Efficient spectrum utilization, Software defined radio, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数共用環境におけるシステム間干渉を考慮した状態遷移モデルに基づく電波環境認識技術の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rario Environment Statistical Recognition Based on State Transition Model with Considering of Intersystem Interference in Spectrum Sharing Scenarios 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波環境認識 / Radio Environment Recognition  
キーワード(2)(和/英) ヘテロジニアスネットワーク / Heterogeneous Wireless Network  
キーワード(3)(和/英) 状態遷移モデル / State Transition Model  
キーワード(4)(和/英) マルコフ連鎖 / Markov Chain  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹木 裕文 / Hirofumi Sasaki / ササキ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 貴之 / Takayuki Yamada / ヤマダ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / スギヤマ タカトシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama /
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-28 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2015-6 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.31-38 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2015-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会