お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-28 14:30
Unity-Rate Code符号器を連接したBICM-IDに適した誤り訂正符号とビットラベリングの組み合わせの検討
大塚健吾東京都市大)・中村正祐日本コムシス)・佐藤正知東京都市大WBS2015-5
抄録 (和) BICM-ID(Bit-Interleaved Coded Modulation with Iterative Decoding)方式は,受信機内における復調器と復号器間で繰り返し誤り訂正を行うことで,送信された情報ビットを高精度に検出する伝送方式である.BICM-IDでは,復調器と復号器の適合性によって復号特性が変化することが知られており,変調方式と各信号点に配置するビットのラベリングパターン,用いる誤り訂正符号化法によって大きく変化する.本稿では,従来のBICM-IDにURC(Unity-Rate Code)符号器を連接したBICM-IDに適したビットラベリングと誤り訂正符号化法について検討する.EXIT解析およびビット誤り率特性を用いて評価を行い,Grayラベリングと繰り返し符号の組み合わせが優れた特性を示すことを明らかにする. 
(英) BICM-ID(Bit-Interleaved Coded Modulation with Iterative Decoding)is a transmisson system for decoding transmitted information bits with high accuracy
by performing error correction between the demapper and decoder at receiver. In BICM-ID, It is known that the decoding characteristics chanege by demapper and decoder performance. And it greatly change by bit labeling pattern to be placed in signal point of modulation scheme and error correcting code method.
In this paper, we consider suitable conbination of the bit labeling pattern and error correcting code for URC ( Unity-Rate Code) concatenated BICM-ID. We evaluate the EXIT chart and bit error rate characteristics, and it shows highly performance utilizing conbination of Gray labeling and Repetition code.
キーワード (和) BICM-ID / EXIT解析 / 誤り訂正符号化 / Unity-Rate code / / / /  
(英) BICM-ID / EXIT chart / channel coding / unity rate code / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 55, WBS2015-5, pp. 21-26, 2015年5月.
資料番号 WBS2015-5 
発行日 2015-05-21 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2015-5

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2015-05-28 - 2015-05-29 
開催地(和) 東京都市大学世田谷キャンパス 
開催地(英) Tokyo City Univ. (Setagaya Campus) 
テーマ(和) 符号化、変復調、信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2015-05-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Unity-Rate Code符号器を連接したBICM-IDに適した誤り訂正符号とビットラベリングの組み合わせの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a Suitable Combination of Bit-Labeling and Error Correcting Code for Unity-Rate Code Encoder Concatenated BICM-ID 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BICM-ID / BICM-ID  
キーワード(2)(和/英) EXIT解析 / EXIT chart  
キーワード(3)(和/英) 誤り訂正符号化 / channel coding  
キーワード(4)(和/英) Unity-Rate code / unity rate code  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 健吾 / Kengo Otsuka / オオツカ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 正祐 / Shosuke Nakamura /
第2著者 所属(和/英) 日本コムシス株式会社 (略称: 日本コムシス)
Nippon COMSYS Corporation (略称: Nippon COMSYS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 正知 / Tadatomo Sato /
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-28 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2015-5 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.55 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2015-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会