電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-26 10:40
[チュートリアル講演]エンタングルメント・エントロピーと共形場理論
古川俊輔東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 量子多体系の基底状態を特徴づけ分類するための新しい道具として、近年、量子情報科学の概念であるエンタングルメント・エントロピー(EE)が注目されている。例えば、一次元量子臨界系においては、一次元鎖中の一区間とそれ以外の領域との間のEEの示すスケーリング則から、背後の共形場理論を特徴づけるセントラル・チャージを決めることができ、数値計算にも応用されている。最近の研究により、一次元鎖中の離れた二区間でEEを考えることによって、背後の共形場理論についてより詳細な情報を得られることが明らかになってきた。また、高次元自由フェルミオン系における(通常の境界則に従わない)特異なEEのスケーリング則が、この系を無限個の一次元カイラル・フェルミオンとして記述することで説明され、さらには数値解析のもと、強相関フェルミオン系の示す非Fermi液体状態にも同様の特異なスケーリング則が現れることが報告されている。このような結果は、AdS/CFT(anti-de Sitter/conformal field theory)対応のもとで金属的状態を構成するための指針としても応用されている。ここではEEの基本的性質から始め、EEと共形場理論との関係についてこれらの最近の進展を紹介する。 
(英) Entanglement entropy (EE), which is an important quantity in the quantum information science, has recently attracted a great attention as a new tool for probing the universal properties of quantum many-body systems. In one-dimensional (1D) quantum critical systems, for example, the scaling of EE on a single interval in the system can be used to determine the central charge, a universal number, of the underlying conformal field theory (CFT), with useful applications in numerical simulations. Recent studies have shown that the EE contains more refined information of CFT if it is calculated on two disjoint intervals in the 1D system. Developments are also ongoing for higher-dimensional critical systems. An unusual EE scaling (violating the standard boundary law) in higher-dimensional free fermions has been explained by describing the system as a collection of 1D free fermions. Furthermore, numerical studies have reported that non-Fermi liquids appearing in strongly interacting fermions also show similar unusual EE scalings, providing a useful guidance for constructing metallic states via AdS(anti-de Sitter)/CFT correspondence. Here we review some basic knowledge on EE and these recent developments on the connection between EE and CFT.
キーワード (和) エンタングルメント・エントロピー / 量子臨界現象 / 共形場理論 / 非Fermi液体 / / / /  
(英) entanglement entropy / quantum critical phenomena / conformal field theory / non-Fermi liquids / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エンタングルメント・エントロピーと共形場理論 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Entanglement entropy and conformal field theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エンタングルメント・エントロピー / entanglement entropy  
キーワード(2)(和/英) 量子臨界現象 / quantum critical phenomena  
キーワード(3)(和/英) 共形場理論 / conformal field theory  
キーワード(4)(和/英) 非Fermi液体 / non-Fermi liquids  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 俊輔 / Shunsuke Furukawa / フルカワ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-26 10:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会