電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-26 09:20
A weak-value interpretation of the Schwinger mechanism of massless/massive pair productions
Kazuhiro YokotaNobuyuki ImotoOsaka Univ.
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) According to the Schwinger mechanism, a uniform electric field brings about pair productions in vacuum; the relationship between the production rate and the electric field is different, depending on the dimension of the system. In this paper, we make an offer of another model for the pair productions with weak values: energy fluctuations trigger the pair production, in which a weak value appears as the velocity of a particle. In return to the approximation of the pair production rate, the weak value reveals a new aspect of the pair production. Especially, within the first order, our estimation approximately agrees with the exponential decreasing rate of the Landau-Zener tunneling through the mass energy gap. In other words, such tunneling can be associated with energy fluctuations via the weak value, when the tunneling gap can be regarded as so small due to the high electric field. 
(英) According to the Schwinger mechanism, a uniform electric field brings about pair productions in vacuum; the relationship between the production rate and the electric field is different, depending on the dimension of the system. In this paper, we make an offer of another model for the pair productions with weak values: energy fluctuations trigger the pair production, in which a weak value appears as the velocity of a particle. In return to the approximation of the pair production rate, the weak value reveals a new aspect of the pair production. Especially, within the first order, our estimation approximately agrees with the exponential decreasing rate of the Landau-Zener tunneling through the mass energy gap. In other words, such tunneling can be associated with energy fluctuations via the weak value, when the tunneling gap can be regarded as so small due to the high electric field.
キーワード (和) 弱値 / 弱い量子測定 / シュウィンガー機構 / / / / /  
(英) weak value / weak measurement / Schwinger mechanism / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A weak-value interpretation of the Schwinger mechanism of massless/massive pair productions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 弱値 / weak value  
キーワード(2)(和/英) 弱い量子測定 / weak measurement  
キーワード(3)(和/英) シュウィンガー機構 / Schwinger mechanism  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 一広 / Kazuhiro Yokota / ヨコタ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井元 信之 / Nobuyuki Imoto /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-26 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会