電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-25 13:20
[ポスター講演]条件付き変位操作と事後選択による位相スクイーズド状態の生成
松岡史晃富田章久北大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 光の位相推定は計測,通信や量子情報処理など広い分野に対して使用されており,その精度は一般に光の強度を増すことで改善される.しかしながら,光を強くし過ぎると,高次非線形効果などによって逆に位相測定の精度に悪影響を与える可能性がある.従って測定対象に応じた最適な強度の光を用いて位相推定の精度を改善することが望まれる.位相精度改善のための光としては位相スクイーズド光が知られているが,弱い光でしか実現されておらず,強度の最適化が行えないため,結果として精度の改善には至らない可能性がある.我々は条件付き変位操作と事後選択を用いた近位相スクイーズド光を生成する方法を提案する.本提案では,振幅の異なる2つのコヒーレント状態の重ね合わせ状態を生成するが,この状態が近似的に位相スクイーズド状態とみなせる条件について説明する. 
(英) The phase estimation of light is widely used for many applications such as metrology, communications and quantum information processing. Generally, the precision of the phase estimation can improve by strengthening of the power of light. However, the strengthening of the power may induce the high-order nonlinear effect etc., thus the precision of the phase estimation is decreased. Therefore, the higher precision of the phase estimation is required for optimal power according to the measuring object. It is well known that phase squeezed light can improve the precision of the phase estimation. However, since such squeezing operation is observed only by weak light experimentally, the light power cannot optimized. Consequently, the precision is not improved. We propose the method of the generation of the approximately phase-squeezed light using the conditional displacement operation and the post-selection. We explain that the superposition of two coherent states which have different amplitudes can be regarded as approximately phase-squeezed states in our proposal.
キーワード (和) 位相スクイーズド状態 / 事後選択 / 条件付き変位操作 / / / / /  
(英) Phase-Squeezed State / Post-Selection / Conditional Displacement Operation / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 条件付き変位操作と事後選択による位相スクイーズド状態の生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generation of Phase-Squeezed State using Conditional Displacement Operation and Post-Selection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相スクイーズド状態 / Phase-Squeezed State  
キーワード(2)(和/英) 事後選択 / Post-Selection  
キーワード(3)(和/英) 条件付き変位操作 / Conditional Displacement Operation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 史晃 / Fumiaki Matsuoka / マツオカ フミアキ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 章久 / Akihisa Tomita / トミタ アキヒサ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-25 13:20:00 
発表時間 60 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会