電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-25 12:00
不均一広がりの影響下におけるスピン増幅
遠藤 傑慶大)・松崎雄一郎マンロ ウィリアム ジョン山口浩司齋藤志郎NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 長寿命のqubitは一般的に他の系との相互作用が弱く、測定装置と相互作用しづらい傾向がある。このようなqubitに対して高精度の射影測定を行うのは困難なことが多い。この解決策としては、測定したいtarget qubitに多数の ancillary qubit を結合させ、target qubit の状態に応じてancillary qubit の状態が変化するような信号増幅を行うことが挙げられる。ここでは、我々はancillary qubitが不均一広がりの影響下にあるときの信号増幅を提案する。ここで我々が扱うのは、target qubitが多数のancillary qubit にcollectiveに結合しているシンプルな手法を考える。我々は、ancillary qubit が共鳴周波数および、target qubitとの結合定数が不均一広がりを持つときにおいても、高速かつ高精度な信号増幅を行えることを示した。我々の手法は単一電子スピンや核スピンの読み出しに役立つと考えられる。 
(英) Long-lived qubits do not easily couple with a measurement apparatus because they are usually well-isolated from
any other system. There is sometimes difficulty in implementing reliable projective measurements on such long-lived qubits.
Spin amplification using many ancillary qubit, where the ancillary-qubits state changes depending on the target-qubit state,
is one of the promising ways to construct a high-fidelity measurement on such a system. We show that a fast and accurate
amplification is possible even in the presence of the inhomogeneity of the coupling and frequency of the ancillary qubits. The
scheme can be realized with a simple experimental setup where the target qubit is collectively coupled with many ancillary
qubits. Our scheme is robust against realistic imperfections so that this could provide a new way to readout a single spin that
could not have been measured in the previous approaches.
キーワード (和) スピン増幅 / 不均一広がり / 補助量子ビット / 目標量子ビット / / / /  
(英) Spin Amplification / Inhomogeneous Broadening / Ancillary qubits / Target qubit / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不均一広がりの影響下におけるスピン増幅 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spin Amplification with inhomogeneous broadening 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スピン増幅 / Spin Amplification  
キーワード(2)(和/英) 不均一広がり / Inhomogeneous Broadening  
キーワード(3)(和/英) 補助量子ビット / Ancillary qubits  
キーワード(4)(和/英) 目標量子ビット / Target qubit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 傑 / Suguru Endo / エンドウ スグル
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 雄一郎 / Yuichiro Matsuzaki / マツザキ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Research Laboratory (略称: NTT BRL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) マンロ ウィリアム ジョン / W . J. Munro / ウィリアム ムンロ
第3著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Research Laboratory (略称: NTT BRL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 浩司 / Hiroshi Yamaguchi / ヤマグチ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Research Laboratory (略称: NTT BRL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 志郎 / Shiro Saito /
第5著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Research Laboratory (略称: NTT BRL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-25 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会