電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-25 15:00
Observation of a high visibility Hong-Ou-Mandel interference via a time-resolved coincidence measurement
Yoshiaki TsujimotoYukihiro SugiuraMotoki TanakaRikizo IkutaOsaka univ.)・Shigehito MikiTaro YamashitaHirotaka TeraiMikio FujiwaraNICT)・Takashi YamamotoOsaka univ.)・Masato KoashiThe Univ. of Tokyo)・Masahide SasakiZhen WangNICT)・Nobuyuki ImotoOsaka univ.
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) We report on the observation of a high visibility Hong-Ou-Mandel~(HOM) interference between two photons by a high timing resolution coincidence measurement. Unlike the conventional pulsed excitation of the spontaneous parametric down conversion~(SPDC), two photons are prepared by heralding two photon pairs generated from SPDC pumped by continuous-wave laser. In our experiment, a periodically- poled lithium niobate waveguide was used as a nonlinear crystal and the photon pairs was sufficiently narrowed by interference filters with the central wavelengths 1541~nm and 1580~nm. We performed the measurement of HOM interference between the photons at 1541~nm heralded by the photon detection at 1580~nm with the superconducting nanowire single-photon detectors. The observed visibility of the HOM dip was 0.93 $pm$ 0.03. 
(英) We report on the observation of a high visibility Hong-Ou-Mandel~(HOM) interference between two photons by a high timing resolution coincidence measurement. Unlike the conventional pulsed excitation of the spontaneous parametric down conversion~(SPDC), two photons are prepared by heralding two photon pairs generated from SPDC pumped by continuous-wave laser. In our experiment, a periodically- poled lithium niobate waveguide was used as a nonlinear crystal and the photon pairs was sufficiently narrowed by interference filters with the central wavelengths 1541~nm and 1580~nm. We performed the measurement of HOM interference between the photons at 1541~nm heralded by the photon detection at 1580~nm with the superconducting nanowire single-photon detectors. The observed visibility of the HOM dip was 0.93 $pm$ 0.03.
キーワード (和) 量子通信 / 量子光学 / 非線形光学 / / / / /  
(英) Quantum communication / Quantum optics / Nonlinear optics / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Observation of a high visibility Hong-Ou-Mandel interference via a time-resolved coincidence measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子通信 / Quantum communication  
キーワード(2)(和/英) 量子光学 / Quantum optics  
キーワード(3)(和/英) 非線形光学 / Nonlinear optics  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 逵本 吉朗 / Yoshiaki Tsujimoto / ツジモト ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 幸大 / Yukihiro Sugiura / スギウラ ユキヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 元基 / Motoki Tanaka / タナカ モトキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 生田 力三 / Rikizo Ikuta / イクタ リキゾウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 茂人 / Shigehito Miki / ミキ シゲヒト
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 太郎 / Taro Yamashita / ヤマシタ タロウ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 弘高 / Hirotaka Terai / テライ ヒロタカ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 幹生 / Mikio Fujiwara / フジワラ ミキオ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 俊 / Takashi Yamamoto / ヤマモト タカシ
第9著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 小芦 雅斗 / Masato Koashi / コアシ マサト
第10著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 雅英 / Masahide Sasaki / ササキ マサヒデ
第11著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 鎮 / Zhen Wang / Zhen Wang
第12著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) 井元 信之 / Nobuyuki Imoto / イモト ノブユキ
第13著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka univ.)
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-25 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会