電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-25 14:20
[招待講演]超伝導ナノワイヤを用いた高性能単一光子検出技術
三木茂人山下太郎寺井弘高NICT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 最近,超伝導ナノワイヤ単一光子検出器(Superconducting Nanowire Single Photon Detector, SSPD)の発展が著しい.通信波長帯(l~1550 nm)用SSPDは,現在,暗計数率100c/s以下,システム検出効率75%以上,タイミングジッタ70ps以下を同時に実現している.可視から中赤外におよぶ広帯域領域において高感度である事も実証されており,さらなる高度化を目指した多ピクセルアレイ技術の研究開発も精力的に進められている.本稿では,SSPDの最近の研究開発状況や展望について紹介する. 
(英) Recent years, the technology for single photon detectors using superconducting nanowire has been remarkably advanced. Superconducting nanowire single photon detector (SSPD) made of niobium nitride (NbN) thin films designed for 1550nm wavelength can show the high detection efficiency of ~75%, low dark count rate of ~100 counts/sec, and low timing jitter of ~70ps, simultaneously. There have been confirmed that SSPD has wide band sensitivity from visible to middle infrared, and the technology for multi pixel SSPD array have also actively developed. In this work, we introduce the recent progress and foresight of SSPD technology.
キーワード (和) 超伝導単一光子検出器 / 超伝導ナノワイヤ / / / / / /  
(英) superconducting single photon detector / superconducting nanowire / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超伝導ナノワイヤを用いた高性能単一光子検出技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High performance single photon detection technology using superconducting nanowire 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超伝導単一光子検出器 / superconducting single photon detector  
キーワード(2)(和/英) 超伝導ナノワイヤ / superconducting nanowire  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 茂人 / Shigehito Miki / ミキ シゲヒト
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 太郎 / Taro Yamashita / ヤマシタ タロウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 弘高 / Hirotaka Terai / テライ ヒロタカ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-25 14:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会