電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-25 13:20
[ポスター講演]単一光子による非破壊光スイッチ
鈴木泰成市田昌己永松 剛岩田悠平上東 幹丹治はるか小芦雅斗東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 冷却した中性原子集団を高いフィネスを持つ共振器中に閉じ込めることで、原子集団を単一光子レベルの光と強く相互作用させることが出来る。さらに、この相互作用を利用することで、光子の間に様々な実効的相互作用を生み出すことが出来る。真空場誘起透明化はこの技術を応用し達成された、透過率を保ったまま少数の光子数に敏感な反応を示す量子系に起きる現象である。本研究ではこの真空場誘起透明化の知見を発展させ、単一の光子により制御される非破壊な光スイッチの仕組みを提案する。さらに、この提案の実験的な実現可能性について検討する。 
(英) By using cold neutral atomic ensemble in a high-finesse cavity, we can achieve atomic ensemble interacting strongly even with a single photon. Moreover, the behavior in this regime can be utilized as variable types of effective interaction between photons. The phenomenon of vacuum-induced-transparency, which can be achieved with these cavity technique, has both high transparency and high sensitivity to small number of photons. Developing this idea further, we suggests non-demolition optical switch which can be driven with a single photon, and we discuss its experimental feasibility.
キーワード (和) 共振器量子電磁力学 / 光子状態制御 / 単一光子スイッチ / 電磁場誘起透明化 / / / /  
(英) Cavity QED / Photon state control / Single photon switch / Electromagnetically-induced-transparency / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単一光子による非破壊光スイッチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nondemolition optical switch driven by single photon 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 共振器量子電磁力学 / Cavity QED  
キーワード(2)(和/英) 光子状態制御 / Photon state control  
キーワード(3)(和/英) 単一光子スイッチ / Single photon switch  
キーワード(4)(和/英) 電磁場誘起透明化 / Electromagnetically-induced-transparency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 泰成 / Yasunari Suzuki / スズキ ヤスナリ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Tokyo Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市田 昌己 / Masaki Ichida / イチダ マサキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Tokyo Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永松 剛 / Tsuyoshi Nagamatsu / ナガマツ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Tokyo Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 悠平 / Yuhei Iwata / イワタ ユウヘイ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Tokyo Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 上東 幹 / Motoki Kamihigashi / カミヒガシ モトキ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Tokyo Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹治 はるか / Haruka Tanji-Suzuki / タンジ ハルカ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Tokyo Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小芦 雅斗 / Masato Koashi / コアシ マサト
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Tokyo Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-25 13:20:00 
発表時間 60 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会