お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-25 13:20
[ポスター講演]変位操作及び光検出器を用いたコヒーレント信号位相推定
泉 秀蕗武岡正裕和久井健太郎藤原幹生NICT)・江馬一弘上智大)・佐々木雅英NICT
抄録 (和) 変位操作と光子検出器を組み合わせた測定系は、コヒーレント状態識別問題において準最適な測定手段と
して知られている。本研究ではコヒーレント状態を用いた位相センシングに対し、変位操作及び光子検出器の測定系
を適用し、従来の技術である位相検波方式と比較した。はじめに今回提案した測定方法を用いることで位相検波方式
に比べ推定誤差を小さくすることが可能であることを示す。さらに通信波長帯に対し高効率な光子検出器超伝導単一
光子検出器(SSPD) を用いて実験行い、検出器の不完全性等が無視できない状況下での評価を行った結果を示す。 
(英) A measurement scheme consisting of a displacement operation and photon counting, which is often referred to as
displaced-photon counting, provides near-optimal performance for coherent states discrimination problem.
Due to an improvement of the photon counters, displaced-photon counting technique can be implemented with
high efficiency in recent years.
It is interesting to extend displaced-photon counting scheme to other optical strategies such as
phase sensing.
In our study, we apply displaced-photon counting to phase estimation of coherent state.
We numerically show that our detection scheme can reduce an estimation error less than that of dyne measurements
and experimentally demonstrate the scheme by using superconductor single photon detector.
キーワード (和) 変位操作 / 光子検出器 / 位相推定 / コヒーレント状態 / / / /  
(英) displaced-photon counting / phase estimation / coherent state / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2015-05-25 - 2015-05-26 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2015-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変位操作及び光検出器を用いたコヒーレント信号位相推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase estimation for coherent state with displaced-photon counting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変位操作 / displaced-photon counting  
キーワード(2)(和/英) 光子検出器 / phase estimation  
キーワード(3)(和/英) 位相推定 / coherent state  
キーワード(4)(和/英) コヒーレント状態 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 秀蕗 / Shuro Izumi / イズミ シュウロ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武岡 正裕 / Masahiro Takeoka / タケオカ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和久井 健太郎 / Kentaro Wakui / ワクイ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 幹生 / Mikio Fujiwara / フジワラ ミキオ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 江馬 一弘 / Kazuhiro Ema / エマ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia university (略称: Sophia univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 雅英 / Masahide Sasaki / ササキ マサヒデ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-25 13:20:00 
発表時間 60 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会