電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-23 16:35
段階的抽象化を用いたプログラムを読む学習の支援システムの開発とその評価
渡辺圭祐東京理科大)・東本崇仁東京工芸大)・赤倉貴子東京理科大ET2015-10
抄録 (和) プログラミング学習において,プログラムを作る学習だけでなく,プログラムを読む学習も重要であると著者らは考えている.一方,プログラムを作る学習において,問題文の要求をトップダウンに詳細化する,段階的詳細化を用いて支援した研究がある.著者らは,プログラムを読む学習においても段階的に考えることが重要であると考えた.そこで本研究では,プログラムを読むプロセスにおいて段階的に考えることを「段階的抽象化」と定義し,段階的抽象化を用いた学習支援システムを開発し,評価を行った.その結果,開発した学習支援システムが,プログラムを読む学習の支援になる可能性が示唆された. 
(英) When learning programming, it is important to learn not only how to create source code, but also how to read it. Previous studies have supported stepwise top-down refinement of code to meet programming goals. We consider such a stepwise approach also important when learning to read source code. Here, we define “stepwise abstraction” as step-by-step consideration when learning to read source code, and develop and evaluate a learning support system that incorporates stepwise abstraction. Evaluation results suggest that the developed system can support learning to read source code.
キーワード (和) プログラムを読む学習 / 学習支援システム / 段階的な思考 / / / / /  
(英) Learning with Reading Source Code / Learning Support System / Step-by-Step Thought / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 50, ET2015-10, pp. 49-54, 2015年5月.
資料番号 ET2015-10 
発行日 2015-05-16 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2015-10

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-05-23 - 2015-05-23 
開催地(和) 千葉工大 
開催地(英) Chiba Institute of Technology 
テーマ(和) 学習支援・ユニバーサルデザイン/一般 
テーマ(英) Learning Support and Universal Design, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-05-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 段階的抽象化を用いたプログラムを読む学習の支援システムの開発とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of a Support System for Learning to Read Source Code with Stepwise Abstraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラムを読む学習 / Learning with Reading Source Code  
キーワード(2)(和/英) 学習支援システム / Learning Support System  
キーワード(3)(和/英) 段階的な思考 / Step-by-Step Thought  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 圭祐 / Keisuke Watanabe / ワタナベ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 東本 崇仁 / Takahito Tomoto / トウモト タカヒト
第2著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: TPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤倉 貴子 / Takako Akakura / アカクラ タカコ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-23 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2015-10 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.50 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会