電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-23 14:40
ブレンディッド学習での学生の内省活動に関する一検討
中山 実東工大)・六浦光一山本洋雄信州大ET2015-6
抄録 (和) ブレンディッド学習でノート記録は,単に理解を深めるための学習活動だけでな
く,ノートを記録することによる情意的な効果も期待される.
そこで,ノート記録評価を実施するブレンディッド学習で,学生の自己効力感や
学習に関する自己評価を実施し,その指標間の関係を分析した.
まず,自己効力感の調査結果から,態度と能力の自信に関する2因子構造
を抽出した.自己評価の指標から,授業外での学習時間数と授業の満足度に着
目し,それぞれに影響を及ぼす変数を選択して因果分析を行った.
その結果,授業外での学習時間数にはシラバスや自己努力が関係することを示し
た.また,満足度には自己効力感や自己努力が関係することを示した.
さらに,学習時間数や満足度には,ノート記録スキルや学習者特性の中では情報
リテラシーが特に関係することを明かにした. 
(英) Note-taking activity in blended learning course may encourage student's
emotional acpects in addition to their practical behaviors.
To observe these factors, course participant's self efficacy and
reflection upon their learning were surveyed while the metrics of
student's characteristics were measured as well as the previous
studies.
First, two factors which measure self efficacy were extracted such as
attitude and competence and these factor scores and other indices of
student's reflections were assessed.
Second, to analyse the relationships among the variables, a causal
analysis was conducted. The contributions of the factors of
self efficacy and other student's characteristics were evaluated in
several causal relationships. In particular, the effectiveness of
note-taking activity and information literacy was discussed.
キーワード (和) ブレンディッド学習 / ノート評価 / 自己効力感 / 内省 / 因果分析 / / /  
(英) blended learning / note assessment / self efficacy / reflection / causal analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 50, ET2015-6, pp. 27-32, 2015年5月.
資料番号 ET2015-6 
発行日 2015-05-16 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2015-6

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-05-23 - 2015-05-23 
開催地(和) 千葉工大 
開催地(英) Chiba Institute of Technology 
テーマ(和) 学習支援・ユニバーサルデザイン/一般 
テーマ(英) Learning Support and Universal Design, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-05-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブレンディッド学習での学生の内省活動に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship among indices of student's reflection in a blended learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブレンディッド学習 / blended learning  
キーワード(2)(和/英) ノート評価 / note assessment  
キーワード(3)(和/英) 自己効力感 / self efficacy  
キーワード(4)(和/英) 内省 / reflection  
キーワード(5)(和/英) 因果分析 / causal analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 実 / Minoru Nakayama / ナカヤマ ミノル
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 六浦 光一 / Kouichi Mutsuura / ムツウラ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 洋雄 / Hiroh Yamamoto / ヤマモト ヒロオ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-23 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2015-6 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.50 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会