電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-22 15:25
3D CG Image Quality Metrics for the Contrast Enhancement of the Object Region Including S-CIELAB Color Space with 8 Viewpoints Parallax Barrier Method
Norifumi KawabataMasaru MiyaoNagoya Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 視覚の空間周波数特性を考慮したS-CIELAB色空間を用いた静止画像の品質評価が今までに多く行われてきた.輝度が立体感や評価に影響すると考えられる3D画像においては,どの程度なら許容できるかは明らかでないし,多視点においても明らかでない.また,ROI (Region Of Interest)に代表されるように,ユーザーが3D画像のどの部分に着目しているのか,どこに関心があるのかは重要である.コンテンツ製作者側からすれば,ユーザーに対して,背景よりも物体領域の方に注目させるように制作していると考えられる.それゆえに,物体領域のコントラスト強調と符号化劣化について,どの程度なら支障を来さないかを主観評価実験により,検証する必要があると考えられる.更に,視覚の空間周波数特性を考慮したS-CIELAB色空間とCIEDE2000色差式を用いることにより,輝度成分に関する総合的な評価が行えると考えられる.本稿では,8視点パララックスバリア方式における3DCG画像において,物体領域のみをコントラスト強調かつH.265/HEVCで符号化させた場合に,主観評価実験を行い,その結果を分析した.そして,サポートベクターマシンを用いることにより,評定値を分類した.一方,S-CIELAB色空間とCIEDE2000色差式を用いることにより,輝度に関して,原画像と生成画像を比較した. 
(英) Previously, there were many studies about the image quality evaluation based on S-CIELAB color space including the spatial frequency characteristics of human vision system. It is not obvious to what extent was accepted for the assessors when we see the 3D image which the luminance change may affect the stereoscopic effect and assessment generally. Similarly, it is not obvious when we see the multi-view 3D image. As represented by ROI (Region Of Interest), it is important where the assessors are interested in or focused on the part of the 3D image when they see the 3D image. Seeing the content creators, we consider that they create expecting for users to focus on the object region than the background region. Therefore, we considered that we need to verify by subjective evaluation experiment to what extent was not interfered with regard to the contrast enhancement and the coded degradation. Furthermore, we consider that we are able to become to carry out the general evaluation for the luminance component using both S-CIELAB color space and CIEDE2000, in addition to the subjective evaluation. In this paper, first, we carried out the subjective evaluation experiment for the contrast enhancement of the object region in an image with 8 viewpoints parallax barrier method. Next, we analyzed their results statistically using a Support Vector Machine (SVM). On the other hand, we evaluated objectively about luminance value measurement using CIEDE2000 in S-CIELAB color space. We considered whether the objective evaluation value related to the subjective evaluation value or not.
キーワード (和) 多視点3D画像 / 輝度 / コントラスト強調 / 関心領域 / H.265/HEVC / S-CIELAB色空間 / CIEDE2000 /  
(英) Multi-view 3D Image / Luminance / Contrast Enhancement / Region Of Interest (ROI) / H.265/HEVC / S-CIELAB Color Space / CIEDE2000 /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 48, IMQ2015-4, pp. 17-22, 2015年5月.
資料番号 IMQ2015-4 
発行日 2015-05-15 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2015-05-22 - 2015-05-22 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 画質評価とIMQ一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2015-05-IMQ 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D CG Image Quality Metrics for the Contrast Enhancement of the Object Region Including S-CIELAB Color Space with 8 Viewpoints Parallax Barrier Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多視点3D画像 / Multi-view 3D Image  
キーワード(2)(和/英) 輝度 / Luminance  
キーワード(3)(和/英) コントラスト強調 / Contrast Enhancement  
キーワード(4)(和/英) 関心領域 / Region Of Interest (ROI)  
キーワード(5)(和/英) H.265/HEVC / H.265/HEVC  
キーワード(6)(和/英) S-CIELAB色空間 / S-CIELAB Color Space  
キーワード(7)(和/英) CIEDE2000 / CIEDE2000  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河畑 則文 / Norifumi Kawabata / カワバタ ノリフミ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮尾 克 / Masaru Miyao / ミヤオ マサル
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-22 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2015-4 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.48 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2015-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会