電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-21 10:20
動作制御可能なデバイスのM2M通信の効率化を実現するネットワーク機能の評価
肥後直樹末田欣子大羽 巧相原正夫NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年, M2M/IoTに非常に多くの注目が集められている.現在はセンサ型端末を用いたサービスが主流であるが,将来はサービスロボット等の動作制御が可能な端末がネットワークにつながり,遠隔制御サーバから制御されるサービスによって,より高い価値の提供が期待される.本稿では,制御サーバがクラウドに配置され,インターネットおよびキャリア網を介して端末を制御する状況を想定する.この状況において,情報の伝達を担うキャリア網へ通信を効率化する機能を提案し,さらに機能を汎用的に評価するための手法を確立した. 
(英) Recently, M2M/IoT has been collecting a lot of attention. Now a service using sensor devices is the mainstream, but in the future it will be coming and offer more value that a service is providing controllable networked devices operated by remote servers. We assume the situation that control servers in cloud operate the devices through the internet and a carrier network in. For the situation, this paper proposes a network function that provides efficiency of communication and establishes a method for evaluating the effect by application of the function.
キーワード (和) M2M / IoT / 制御 / 通信効率化 / / / /  
(英) M2M / IoT / Control / Efficiency of communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 41, NS2015-16, pp. 9-14, 2015年5月.
資料番号 NS2015-16 
発行日 2015-05-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2015-05-21 - 2015-05-22 
開催地(和) 東京大学 石橋信夫記念ホール 
開催地(英) Tokyo Univ. 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング,マルチキャスト,品質・経路制御,IPNWの利用技術(P2P,P4P,オーバレイ,SIP,NGN),ネットワークシステム関連技術(システム構成法,インタフェース,アーキテクチャ,ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア),一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動作制御可能なデバイスのM2M通信の効率化を実現するネットワーク機能の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of a network function optimizing M2M communications for motion-controllable devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) 制御 / Control  
キーワード(4)(和/英) 通信効率化 / Efficiency of communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥後 直樹 / Naoki Higo / ヒゴ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末田 欣子 / Yoshiko Sueda / スエダ ヨシコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大羽 巧 / Takumi Ohba / オオバ タクミ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 正夫 / Masao Aihara /
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-21 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-16 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会