お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-21 12:35
[依頼講演]TTC「将来のモバイルネットワーキングに関する検討会」の活動成果紹介
松田哲史西谷隆志長谷川史樹片山政利三菱電機IN2015-4 RCS2015-25
抄録 (和) 昨今5Gを中心とする将来モバイルネットワークの研究が国内外で活発に行われている.国内ではARIBにおいて2020 and Beyondの無線を中心とする検討が行われている.将来モバイルネットワークには、このような更なる無線技術の発展にとどまらず,本格的なIoTや新たなユースケースを可能とするサービスの提供も期待されている.2014年9月から2015年3月まで,TTC「将来のモバイルネットワーキングに関する検討会」に17組織から計36名が参加し,将来のモバイルネットワークの実現に必要な技術課題の抽出と,抽出した課題と国内外の研究機関,標準化団体で検討されている要素技術との関係整理を行い,2020年以降の将来モバイルネットワークの方向性に関して考察を行った結果をホワイトペーパー[1][2]としてまとめた.本稿では,本ホワイトペーパーの概要を紹介する.詳細はホワイトペーパーを御覧頂きたい. 
(英) Recently, considerable research on future mobile networks, with a focus on 5G, has been conducted in Japan and other countries. In Japan, ARIB has been conducting active study mainly focusing on radio technologies for the year 2020 and beyond. The emphasis on future mobile networks is not only expected to result in the further development of radio technologies, but also lead to the full-scale implementation of IoT-based services and the provision of services that will enable new use cases. Between September 2014 and March 2015, 36 people from 17 organizations joined TTC Ad Hoc Group on Future Mobile Networking. TTC Ad Hoc Group has identified a number of technical issues that will need to be addressed before future mobile networks can be realized and has prepared of map of specific technologies that could serve as candidates for the resolution of the aforementioned issues. TTC Ad Hoc Group also made an effort to consider trends in research on future mobile networks for 2020 and beyond and has produced a white paper [1][2]. This paper presents an overview of the white paper. Please refer to the white paper to understand the detail.
キーワード (和) Mobile Network / Mobile Core Network / Mobile Backhaul / Mobile Fronthaul / / / /  
(英) Mobile Network / Mobile Core Network / Mobile Backhaul / Mobile Fronthaul / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 43, RCS2015-25, pp. 13-15, 2015年5月.
資料番号 RCS2015-25 
発行日 2015-05-14 (IN, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-4 RCS2015-25

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2015-05-21 - 2015-05-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET、モバイルネットワーク、M2M通信制御、無線LAN(Wi-Fi)、IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TTC「将来のモバイルネットワーキングに関する検討会」の活動成果紹介 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Overview of the white paper produced by TTC Ad Hoc Group on Future Mobile Networking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Mobile Network / Mobile Network  
キーワード(2)(和/英) Mobile Core Network / Mobile Core Network  
キーワード(3)(和/英) Mobile Backhaul / Mobile Backhaul  
キーワード(4)(和/英) Mobile Fronthaul / Mobile Fronthaul  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 哲史 / Tetsushi Matsuda / マツダ テツシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corp. (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西谷 隆志 / Takashi Nishitani / ニシタニ タカシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corp. (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 史樹 / Fumiki Hasegawa / ハセガワ フミキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corp. (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 政利 / Masatoshi Katayama / カタヤマ マサトシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corp. (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-21 12:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IN2015-4,IEICE-RCS2015-25 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.42(IN), no.43(RCS) 
ページ範囲 pp.19-21(IN), pp.13-15(RCS) 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-IN-2015-05-14,IEICE-RCS-2015-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会