お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-21 11:10
力覚フィードバックを用いた遠隔ロボット制御における操作性のユーザ体感品質評価
鈴木一弥前田慶博石橋 豊福嶋慶繁名工大IN2015-3
抄録 (和) 本報告では,一人の利用者がビデオを見ながら触覚インタフェース装置を用いて,力覚センサが付与された産業用ロボットを遠隔操作して行う作業に対して,触覚インタフェース装置の操作性をユーザ体感品質(QoE: Quality of Experience)評価している.作業として,産業用ロボットアームの先端に取り付けられた金属棒を穴に入れる作業を扱い,ネットワーク遅延によって操作性がどの程度劣化するかを明らかにする.また,筆者らが以前に提案した反力の適応制御の効果も調査する. 
(英) In this report, we assess the quality of experience (QoE) about the operability of a haptic interface device for work in whitch a user operates an industrial robot with a force sensor at a remote location by using the haptic interface device while watching a video. We treat work of putting a metal rod attached to the tip of the industrial robot arm into a hole, and we demonstrate how much the operability is degraded owing to the network delay. Also, we investigate the effect of the adaptive reaction force control, which we previously proposed.
キーワード (和) 遠隔ロボット制御 / 力覚フィードバック / ネットワーク遅延 / QoE / 操作性 / / /  
(英) Remote robot control / Force feedback / Network delay / QoE / Operability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 42, IN2015-3, pp. 13-18, 2015年5月.
資料番号 IN2015-3 
発行日 2015-05-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-3

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2015-05-21 - 2015-05-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET、モバイルネットワーク、M2M通信制御、無線LAN(Wi-Fi)、IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 力覚フィードバックを用いた遠隔ロボット制御における操作性のユーザ体感品質評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoE Assessment of Operability in Remote Robot Control with Force Feedback 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔ロボット制御 / Remote robot control  
キーワード(2)(和/英) 力覚フィードバック / Force feedback  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク遅延 / Network delay  
キーワード(4)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(5)(和/英) 操作性 / Operability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 一弥 / Kazuya Suzuki / スズキ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 慶博 / Yoshihiro Maeda / マエダ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 豊 / Yutaka Ishibashi / イシバシ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 慶繁 / Norishige Fukushima / フクシマ ノリシゲ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-21 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-3 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.42 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会