お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-21 15:00
[招待講演]5Gモバイルネットワークアーキテクチャにおける課題
中尾彰宏東大IN2015-9 RCS2015-30
抄録 (和) 第五世代(5G)モバイルネットワークの研究開発は世界各国で始まっている。
代表的な組織として、欧州の METIS, NGMN, 5G-PPP, 米国の4G Americas, 韓国の5G Forum, 中国のIMT 2020, そして2014年9月末に発足した我が国の第五世代モバイル推進フォーラム(5GMF)などが挙げられる。
本講演では,超低遅延,超高帯域,超大多数の端末収容、そして、それらを包含する
フレキシビリティなどを要件として、主にモバイルエッジコンピューティング、
モバイルフロントホール・バックホール技術、ネットワーク管理技術、
ネットワークソフトウェアライゼーションを中心技術として推進している
5Gモバイルネットワークのネットワーク委員会における課題の検討状況を紹介し、
また、今後進めるべき研究開発の方向性について議論する。 
(英) The research and development (R&D) of the 5th Generation (5G) mobile
networking technologies has been making progress all over the world.
We observe METIS, NGMN, 5G-PPP in Europe, 4G Americas in US., 5G Forum in
Korea, and IMT-2020 in China as such organizations as to put forth the 5G
mobile networking R&D.
In Japan, the Fifth Generation Mobile Networking Promotion Forum (5GMF) was
established in September, 2014.
In this invited talk, we introduce the current activities of the 5GMF network
architecture committee that defines ultra-latency, ultra-high-capacity,
ultra-large-scale accommodation of devices, and the extreme flexibility
including them all as the technical requirements, and promotes mobile edge
computing (MEC), mobile front-haul and back-haul technologies,
network management and orchestration, and network softwarization as primary
pillars of R&D.
We also discuss the directions and the roadmap of the 5G
mobile networking technologies.
キーワード (和) 第五世代モバイルネットワー / SDN / NFV / Tactile Internet / / / /  
(英) The 5th Generation Mobile Network / SDN / NFV / Tactile Internet / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 43, RCS2015-30, pp. 39-39, 2015年5月.
資料番号 RCS2015-30 
発行日 2015-05-14 (IN, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-9 RCS2015-30

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2015-05-21 - 2015-05-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET、モバイルネットワーク、M2M通信制御、無線LAN(Wi-Fi)、IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5Gモバイルネットワークアーキテクチャにおける課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Challenges in 5G Mobile Network Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 第五世代モバイルネットワー / The 5th Generation Mobile Network  
キーワード(2)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(3)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(4)(和/英) Tactile Internet / Tactile Internet  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-21 15:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IN2015-9,IEICE-RCS2015-30 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.42(IN), no.43(RCS) 
ページ範囲 p.45(IN), p.39(RCS) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-IN-2015-05-14,IEICE-RCS-2015-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会