お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-15 15:30
磁界の陰的時間更新に基づく半陰的conformal FDTDスキームの基礎検討
藤田和広富士通EST2015-9 エレソ技報アーカイブへのリンク:EST2015-9
抄録 (和) 本稿では,曲面形状を有するモデルを高精度かつ効率的に解析するため,磁界の陰的時間更新を有する半陰的FDTD法に基づくConformalスキームの基礎検討を行ったので報告する.本スキームは時間ステップ短縮の問題無しに緩和された安定条件を有し,階段近似の場合よりも高精度である.階段近似と比較して精度が向上することを確認するため,円柱空洞共振器への適用例を示す. 
(英) We report a fundamental study on a conformal scheme based on the semi-implicit FDTD method with implicit time updating of magnetic field in order to efficiently analyze a numerical model with curved boundary at high accuracy. The conformal semi-implicit FDTD scheme has relaxed stability condition without time step reduction and its boundary modeling is accurate than the staircase approximation. Its application to a cylindrical cavity resonator is demonstrated in order to confirm an improvement of the accuracy compared to the staircase approximation.
キーワード (和) FDTD法 / Newmark-Beta法 / Leapfrogスキーム / conformalスキーム / 曲面境界 / / /  
(英) FDTD method / Newmark-Beta method / Leapfrog scheme / conformal scheme / curved boundary / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 33, EST2015-9, pp. 45-50, 2015年5月.
資料番号 EST2015-9 
発行日 2015-05-08 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2015-9 エレソ技報アーカイブへのリンク:EST2015-9

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2015-05-15 - 2015-05-15 
開催地(和) 法政大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Hosei Univ. (Koganei Campus) 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2015-05-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 磁界の陰的時間更新に基づく半陰的conformal FDTDスキームの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A fundamental study on semi-implicit conformal FDTD scheme based on implicit time updating of magnetic field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(2)(和/英) Newmark-Beta法 / Newmark-Beta method  
キーワード(3)(和/英) Leapfrogスキーム / Leapfrog scheme  
キーワード(4)(和/英) conformalスキーム / conformal scheme  
キーワード(5)(和/英) 曲面境界 / curved boundary  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 和広 / Kazuhiro Fujita /
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-15 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2015-9 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EST-2015-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会