電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-15 14:35
匿名通信システムTorの経路解析手法の提案
芝原幸弘佐藤 直情報セキュリティ大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) プライバシー保護技術の一つに匿名通信システムがある.匿名通信を利用すると,送信元やあて先等の匿名性が確保できるメリットがある.匿名通信システムの一つにTor(The Onion Router)がある.Torは,Onion Routingを利用することで,第三者からは通信の送受信情報が特定できない仕組みになっている.Torは利用時の容易性から,サイバー犯罪等に悪用されるケースもある.Torを利用したサイバー攻撃等の発生時には,Torの利用有無,通信の中継者,通信経路等の特定を可能にする仕組みが望まれる.そのため,Torに対する攻撃手法や,その攻撃手法を用いた研究もおこなわれてきている.本研究では,インターネット上にTor中継ノードを公開する検証環境を構築し,Torで送受信されるパケットを解析することにより,Torの経路を統計的に特定する手法を提案する.また,提案手法を利用した評価を行い,その結果についても考察する.評価の結果,Torの経路の特定を比較的よい精度で行うことができた. 
(英) Anonymous communication system looks effective for the privacy protection because it could assure anonymity of path from source to destination. Tor (The Onion Router) is a representative anonymous communication system. Cyber-attack cases have been reported where the attackers spoof innocent organizations/persons by using the path anonymity of Tor. Therefore, in order to solve the cyber-attack cases, it is required to establish some analysis methods and clarify the route/path of Tor communication urgently. Therefore, attack methods for Tor, have been also performed studies using the attack methods. So, this study constructed a verification environment that exposes Tor relay node on the Internet. And we propose a method to statistically identify the path of Tor, by analyzing the packets sent and received by Tor. Further we evaluate the proposed method and consider its effectiveness. The evaluation results demonstrate that the method can identify the path of Tor with a relatively good accuracy.
キーワード (和) 匿名通信 / 経路解析 / Onion Routing / Tor / / / /  
(英) anonymous communication / path analysis / Onion Routing / Tor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 28, ISEC2015-3, pp. 15-22, 2015年5月.
資料番号 ISEC2015-3 
発行日 2015-05-08 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2015-05-15 - 2015-05-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2015-05-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 匿名通信システムTorの経路解析手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Path analysis method of anonymous communication system Tor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 匿名通信 / anonymous communication  
キーワード(2)(和/英) 経路解析 / path analysis  
キーワード(3)(和/英) Onion Routing / Onion Routing  
キーワード(4)(和/英) Tor / Tor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝原 幸弘 / Yukihiro Shibahara / シバハラ ユキヒロ
第1著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 直 / Naoshi Sato / サトウ ナオシ
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-15 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2015-3 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.15-22 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2015-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会