電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-15 10:00
正規化スパース性制約を用いたぼけカーネル推定および動画像復元への応用
野島優補・○韓 先花陳 延偉立命館大SIP2015-15 IE2015-15 PRMU2015-15 MI2015-15
抄録 (和) 映像復元技術とは,ぼけにより劣化した低画質映像から高画質映像を生成する技術であり,低画質映像とカーネルと呼ばれるぼけ関数から画像の復元を図る目的とする.従来法ではぼけカーネルは数学的な関数(例えばガウスカーネル関数)を仮定し,既知又は推定したパラメータを用いて映像の復元を行い.しかし,仮定したぼけ関数では限定されたぼけ映像の復元のみ有効であり,様々な条件で得られた低画質映像の復元に上手く行かない問題点がある.そこて,本研究では正規化スパース性制約を用いた映像に適応的なぼけカーネルを推定し,より高精度な映像復元を目指す.また,動画像への応用を注目し,空間的な勾配情報だけではなく時間軸の変化を考慮し,高画質な映像の復元を検証した. 
(英) Image and video restoration is to recover the high-quality (HQ) image/video from low-quality (LQ) one due to the possible blurring during imaging procedure, which needs to firstly estimate the blurring function, also called kernel function. The conventional approaches generally assume the kernel function can be approximated by mathematical formula such as Gaussian function, which can only deal with the limited case such as only the focal blurring. This study proposes a nonparameteric approach to estimate the kernel function produced by any type of blurring procedure via adding constraint with L1 norm on kernel. In addition, normalized sparsity measure is proposed as the prior constraint of the estimated HQ image for achieving accurate kernel. Furthermore, considering both temporal and spatial gradient constraint into video restoration procedure, we validate the promising HQ video can be achieved.
キーワード (和) 動画像復元 / スパース性 / L1/L2ノルム / 時空間勾配 / / / /  
(英) Video restoration / Sparsity / L1/L2 norm / Temporal and spatial gradient / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 24, PRMU2015-15, pp. 77-82, 2015年5月.
資料番号 PRMU2015-15 
発行日 2015-05-07 (SIP, IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2015-15 IE2015-15 PRMU2015-15 MI2015-15

研究会情報
研究会 PRMU MI IE SIP  
開催期間 2015-05-14 - 2015-05-15 
開催地(和) 三重大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像解析の数理基礎から臨床応用まで(技術テーマ:医用画像・一般,社会課題テーマ:医療・ヘルスケア) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2015-05-PRMU-MI-IE-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 正規化スパース性制約を用いたぼけカーネル推定および動画像復元への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Kernel Estimation using Normalized Sparsity Measure and its Application to Video Restoration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動画像復元 / Video restoration  
キーワード(2)(和/英) スパース性 / Sparsity  
キーワード(3)(和/英) L1/L2ノルム / L1/L2 norm  
キーワード(4)(和/英) 時空間勾配 / Temporal and spatial gradient  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野島 優補 / Yusuke Nojima / ノジマ ユスケ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 先花 / Xian-Hua Han / ハン シェンファー
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yen-Wei Chen / チン エンイ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-15 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-SIP2015-15,IEICE-IE2015-15,IEICE-PRMU2015-15,IEICE-MI2015-15 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.22(SIP), no.23(IE), no.24(PRMU), no.25(MI) 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2015-05-07,IEICE-IE-2015-05-07,IEICE-PRMU-2015-05-07,IEICE-MI-2015-05-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会