お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-14 10:25
複数のモバイルエージェントを用いた位置情報利用型ルーティングの改善
山田拓実塩川茂樹神奈川工科大ASN2015-2
抄録 (和) 近年,GPSなどの位置情報取得技術の向上に伴い,ノードの位置情報を利用したルーティングが注目されている.一般的な位置情報利用型ルーティングは位置情報管理に多くの制御パケットを必要とする問題があり,制御パケットを削減するためモバイルエージェントに位置情報を一括で集めさせる方式が提案された.また,複数のモバイルエージェントの連携を用いることで,モバイルエージェント1台あたりの負荷を減らし,ネットワークサイズの拡張に対応する方式が提案された.しかし,この方式ではモバイルエージェントの連携に伴いネットワーク全体の制御パケットが増加する問題があった.そこで本稿ではモバイルエージェント間の連携に制限を設け,新しい位置情報のみを交換し,これらの情報を適切に再利用することで冗長な制御パケットを削減する方式を提案する.シミュレーションによる性能評価の結果,提案方式は制御パケットを削減し,パケット到達率を向上させることができた. 
(英) With recent progress of positioning techniques such as GPS, location based routing has been attracted. A location based routing using mobile agent for management of location information has been proposed in order to decrease the amount of control packets. This routing has been enhanced to cope with network scalability by using plural mobile agents. However, there is a problem in this method that the amount of control packets increases as the size of network becomes large. In this paper, we propose an improved method of a location based routing using plural mobile agents. In the proposed method, cooperation among the mobile agents is restricted. Each mobile agent exchanges only new location information with the other agents, and reuse the information to decrease the amount of redundant control packets. From computer simulation, we show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 無線マルチホップネットワーク / モバイルエージェント / 位置情報利用型ルーティング / / / / /  
(英) Multi-hop network / Mobile agent / Location based routing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 26, ASN2015-2, pp. 7-12, 2015年5月.
資料番号 ASN2015-2 
発行日 2015-05-07 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2015-2

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2015-05-14 - 2015-05-15 
開催地(和) 東京電機大学千住キャンパス 
開催地(英) Tokyo Denki University 
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング, ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般, 建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援, 土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英) Ambient intelligence, sensor networks, smart building, smart city, structural monitoring, zero-emission building, infrastructure monitoring, BIM/CIM, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数のモバイルエージェントを用いた位置情報利用型ルーティングの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Location Based Routing Using Plural Mobile Agents 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線マルチホップネットワーク / Multi-hop network  
キーワード(2)(和/英) モバイルエージェント / Mobile agent  
キーワード(3)(和/英) 位置情報利用型ルーティング / Location based routing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 拓実 / Takumi Yamada / ヤマダ タクミ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩川 茂樹 / Shigeki Shiokawa / シオカワ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-14 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2015-2 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2015-05-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会