電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-12 08:45
パターンマイニング技術を用いたC言語プログラムからのコーディングパターン抽出
中村勇太崔 恩瀞阪大)・吉田則裕名大)・春名修介井上克郎阪大
抄録 (和) コーディングパターンとは複数のモジュールに分散する定型的なコードである.コーディングパターンは守らなければいけないルールを表しているため,そのルール通りにプログラムが記述されているか検査することでバグの検出ができる.本研究では,組込みシステム開発など高い信頼性が要求されるドメインで頻繁に用いられるC言語を対象として,シーケンシャルパターンマイニングを用いてコーディングパターンを抽出する手法を提案する.適用実験では,提案手法を用いて抽出したコーディングパターンが対象ソフトウェアの仕様の一部を表していることを確認した. 
(英) Coding pattern is an idiomatic code fragment that distributes in modules. It can be used for finding bugs because it implies
rules that programmers should follow. In this paper, we propose a sequential pattern mining approach to detect coding
pattern from programs written in C language that is commonly used in reliable software engineering. In the experiment,
we confirmed that the detected coding patterns corresponded to a part of the specification of each target software system.
キーワード (和) コーディングパターン / パターンマイニング技術 / 信頼性 / 組込みプログラム / / / /  
(英) Coding pattern / Pattern mining approach / Reliability / Embedded program / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 20, SS2015-9, pp. 41-46, 2015年5月.
資料番号 SS2015-9 
発行日 2015-05-04 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2015-05-11 - 2015-05-12 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) 一般,研究スタートアップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2015-05-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パターンマイニング技術を用いたC言語プログラムからのコーディングパターン抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coding Pattern Detection for C Programs Using Pattern Mining Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コーディングパターン / Coding pattern  
キーワード(2)(和/英) パターンマイニング技術 / Pattern mining approach  
キーワード(3)(和/英) 信頼性 / Reliability  
キーワード(4)(和/英) 組込みプログラム / Embedded program  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 勇太 / Yuta Nakamura / ナカムラ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 恩瀞 / Eunjong Choi / チェ ウンジョン
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 則裕 / Norihiro Yoshida / ヨシダ ノリヒロ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 春名 修介 / Shusuke Haruna / ハルナ シュウスケ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 克郎 / Katsuro Inoue / イノウエ カツロウ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-12 08:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2015-9 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2015-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会