電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-29 13:40
アフィニティーキャピラリー電気泳動の解き明かす酵素活性中心の配位化学
壹岐伸彦佐藤陽介東北大SDM2015-3 OME2015-3 エレソ技報アーカイブへのリンク:SDM2015-3 OME2015-3
抄録 (和) 金属酵素モデルとしてZn(II)を有する炭酸脱水酵素(CA)に着目し,その金属置換体M-CAのアフィニティーキャピラリー電気泳動解析を通し,阻害剤結合や金属保持の速度論的安定性における配位環境の役割を解き明かした.阻害剤としてアリールスルホンアミド(SA)を用い,そのM-CAへの結合能を調べたところ,CAはZn(II)の好む正四面体配位環境を提供し,一方疎水空孔でSAを事前組織化し,四面体配位構造の形成を支援している.また,M-CAの速度論的安定性では疎水空孔がEDTAといった強力なキレーターを排除し,SN2的な解離を防止する一方,3つのヒスチジン残基で保持された四面体型Zn(II)は際だった速度論的安定性を示すことがわかった. 
(英) By using affinity capillary electrophoresis, binding equilibrium of an arylsulfonamide (SA) to a series of metal-substituted carbonic anhydrase (M-CA) and kinetic stability of M-CA toward solvolysis were studied. In the binding of SA, the hydrophobic cavity of CA plays an important role to force the SA to donate the amide moiety to the metal center of CA to fulfill the tetrahedral coordination geometry. In the kinetics, the hydrophobic cavity excludes the access of EDTA to the metal center, while the tetrahedral coordination geometry supported by three histidine residues gave the Zn(II) center exceptionally high kinetic stability.
キーワード (和) 金属酵素 / 炭酸脱水酵素 / 亜鉛 / アフィニティーキャピラリー電気泳動 / / / /  
(英) Metalloenzyme / Carbonic Anhydrase / Zinc / Affinity Capillary Electrophoresis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 19, OME2015-3, pp. 11-14, 2015年4月.
資料番号 OME2015-3 
発行日 2015-04-22 (SDM, OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SDM2015-3 OME2015-3 エレソ技報アーカイブへのリンク:SDM2015-3 OME2015-3

研究会情報
研究会 OME SDM  
開催期間 2015-04-29 - 2015-04-30 
開催地(和) 大濱信泉記念館多目的ホール 
開催地(英) Oh-hama Nobumoto Memorial Hall 
テーマ(和) 薄膜(Si,化合物,有機,フレキシブル)機能デバイス・材料・評価技術、バイオテクノロジー、および一般 
テーマ(英) Thin FIlms, Functional Electronics Devices, New Functional Materials and Evaluation, BIomtechnology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2015-04-OME-SDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アフィニティーキャピラリー電気泳動の解き明かす酵素活性中心の配位化学 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coordination chemistry of active center of metalloenzyme studied by affinity capillary electrophoresis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 金属酵素 / Metalloenzyme  
キーワード(2)(和/英) 炭酸脱水酵素 / Carbonic Anhydrase  
キーワード(3)(和/英) 亜鉛 / Zinc  
キーワード(4)(和/英) アフィニティーキャピラリー電気泳動 / Affinity Capillary Electrophoresis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 壹岐 伸彦 / Nobuhiko Iki / イキ ノブヒコ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 陽介 / Yosuke Sato / サトウ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-29 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-SDM2015-3,IEICE-OME2015-3 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.18(SDM), no.19(OME) 
ページ範囲 pp.11-14 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SDM-2015-04-22,IEICE-OME-2015-04-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会