お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-28 15:00
電力変換回路の伝導妨害波予測を目的とした線形等価回路モデルの検討 ~ スイッチング周波数変動影響の考察 ~
下司弘樹五百旗頭健吾岡山大)・渡辺哲史岡山県工技センター)・豊田啓孝岡山大EMCJ2015-5
抄録 (和) 電力変換回路における効率的な伝導妨害波低減設計実現を目的として,設計段階で伝導妨害波を予測する線形等価回路モデルを開発している.
これまでに, IH調理器の伝導妨害波の大きさを概ね予測できたが,同定したモデル定数のうちインピーダンスが,線形回路素子の組み合わせでは表せない特性を示した.
本稿では,可能性のあるその原因の1つとして, IGBTのスイッチング周波数の変動について検証した.
モデルパラメータ同定のための伝導妨害波測定法を改良し,一定のスイッチング周波数のデータを取得可能とした.
改良した測定法を用いて,測定を行い,モデルの同定を行った.
モデル定数同定結果より, IGBTのスイッチング周波数変動による測定誤差がモデル定数に与える影響は小さいことを示した. 
(英) For the purpose of efficient conducted disturbance reduction design in power conversion circuit, we have developed a linear equivalent circuit model to predict the conducted disturbance at the design stage.
So far, we predicted the magnitude of the conducted disturbance of an induction heater.
However, the impedance of the model parameter did not show the characteristic of a combination of the linear circuit elements, ${sl R}$, ${sl L}$, ${sl C}$.
In this paper, we examined the variation of the switching frequency of the IGBT as one of the causes.
We improved the measurement for model identification measurement.
By using the improved measurement method, we identified model parameters and compared with previous ones.
As a result, the switching frequency variation of the IGBT is shown that effect on the model identification.
キーワード (和) 伝導妨害波電圧 / モデル定数 / / / / / /  
(英) Conducted Disturbance / Model Parameter / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 17, EMCJ2015-5, pp. 19-24, 2015年4月.
資料番号 EMCJ2015-5 
発行日 2015-04-21 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2015-5

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2015-04-28 - 2015-04-28 
開催地(和) 宇都宮大 
開催地(英) Utsunomiya Univ. 
テーマ(和) 生体,EMC一般 
テーマ(英) Biomedical EMC, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2015-04-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力変換回路の伝導妨害波予測を目的とした線形等価回路モデルの検討 
サブタイトル(和) スイッチング周波数変動影響の考察 
タイトル(英) Linear Equivalent Circuit Modeling of Power Converter Circuit for Conducted Disturbance Estimation 
サブタイトル(英) Impact Investigation of Switching Frequency Fluctuation 
キーワード(1)(和/英) 伝導妨害波電圧 / Conducted Disturbance  
キーワード(2)(和/英) モデル定数 / Model Parameter  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下司 弘樹 / Hiroki Geshi / ゲシ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 五百旗頭 健吾 / Kengo Iokibe / イオキベ ケンゴ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 哲史 / Tetsushi Watanabe / ワタナベ テツシ
第3著者 所属(和/英) 岡山工業技術センター (略称: 岡山県工技センター)
Industrial Technology Center of Okayama Prefecture (略称: Industrial Technology Center of Okayama Prefecture)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 啓孝 / Yoshitaka Toyota / トヨタ ヨシタカ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-28 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2015-5 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2015-04-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会