電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-24 14:20
心臓数理モデルにおいてイオン電流の変化によりみられるQT延長
高橋 愛北島博之香川大)・矢澤 徹首都大東京NLP2015-22
抄録 (和) 心筋細胞はイオン電流の流入・流出により膜電位を調整している.この電気的活動に乱れが生じると不整脈が発生する.特に,QT延長は死の予兆とされ突然死との因果関係が指摘されている.本研究では,心筋の数理モデルを用いて,各種イオン電流のコンダクタンス値が変化した場合に見られるQT延長について調査した.結果として,ナトリウムとカルシウムイオンに関連してQT延長が発生することが分かった. 
(英) A membrane potential of the ventricular myocyte is regulated thorough inward and outward ionic currents. When these electrical activities are disturbed, arrhythmia occurs. In particular, QT prolongation is considered to be a sign of sudden cardiac death. In this study, we investigate the relationship between the conductivities of ionic currents and the occurrence of such arrhythmias. We obtain that the QT prolongation relates to the conductivities of the sodium-calcium exchange current.
キーワード (和) QT延長 / 数理モデル / / / / / /  
(英) Long QT syndrome / Mathematical model / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 14, NLP2015-22, pp. 105-108, 2015年4月.
資料番号 NLP2015-22 
発行日 2015-04-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2015-22

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-04-23 - 2015-04-24 
開催地(和) 香川県社会福祉総合センター(高松市) 
開催地(英) Kagawa Social Welfare Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 心臓数理モデルにおいてイオン電流の変化によりみられるQT延長 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QT prolongation generated by changing ionic currents in a mathematical cardiac model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QT延長 / Long QT syndrome  
キーワード(2)(和/英) 数理モデル / Mathematical model  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 愛 / Ai Takahashi / タカハシ アイ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北島 博之 / Hiroyuki Kitajima / キタジマ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢澤 徹 / Toru Yazawa / ヤザワ トオル
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-24 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2015-22 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.105-108 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2015-04-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会