電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-24 15:25
2匹の戦略的捕食者を加えた粒子郡最適化の調査
犬飼規雄上手洋子西尾芳文徳島大NLP2015-24
抄録 (和) 粒子群最適化(Particle Swarm Optimization; PSO)は,群知能の一種であり,
魚や鳥などの群れの動きのシステムを用いたアルゴリズムである.
PSOは魚の群れの1匹が最適な点を発見すると,群れの残りがその最適な点周辺に集まる性質を用いたアルゴリズムである.
アルゴリズムとしては単純で,容易に解を発見できるため多くの応用ができる.
しかし,極所解に陥るとそこから抜け出しにくい欠点がある.

そこで今回われわれは,2匹の戦略的捕食者を加えたPSOを提案する. 
(英) Particle Swarm Optimization (PSO) is known as one of Swarm Intelligence.
PSO algorithm is used for the system of fish school, bird flock and so on.
PSO is used nature the rest of the herd is to gather the optimum point around one of fish school is to find the optimal point.
PSO algorithm is simple and it is possible to find a solution easily, so it is possible for many applications.
However, the standard PSO is hard to get out from local minimum.

Accordingly, this time we propose PSO with Two Strategic Predators.
キーワード (和) PSO / 群知能 / 関数最適化 / 捕食者 / / / /  
(英) PSO / Swarm Intelligence / Function optimization / Predator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 14, NLP2015-24, pp. 115-119, 2015年4月.
資料番号 NLP2015-24 
発行日 2015-04-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2015-24

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-04-23 - 2015-04-24 
開催地(和) 香川県社会福祉総合センター(高松市) 
開催地(英) Kagawa Social Welfare Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2匹の戦略的捕食者を加えた粒子郡最適化の調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Particle Swarm Optimization with Two strategic Predators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PSO / PSO  
キーワード(2)(和/英) 群知能 / Swarm Intelligence  
キーワード(3)(和/英) 関数最適化 / Function optimization  
キーワード(4)(和/英) 捕食者 / Predator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 犬飼 規雄 / Norio Inukai / イヌカイ ノリオ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-24 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2015-24 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.115-119 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2015-04-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会