電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-24 13:30
電子波レンズ効果を用いた周波数弁別器の解析
濱田翔平藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2015-20
抄録 (和) 電子波レンズ効果は,FSK方式THz通信システムにおいて,周波数弁別の機能として応用できる.このレンズ効果は量子力学的現象であるために,量子雑音が弁別器の誤作動(エラー)を引き起こす.
本研究では,FHSS(周波数ホッピングスペクトラム拡散)によるエラー低減を検討する.
周波数弁別器の数理モデルを作成し,数値実験によりFHSSのエラー低減効果を確認した. 
(英) Electron-Wave Lens effect can be applied as a function of the frequency discrimination in FSK(Frequency-Shift Keying) Terahertz communication systems. Since this lens effect is a quantum mechanical phenomenon, quantum noise causes the discriminator errors. This study examines error reduction by FHSS(Frequency Hopping Spread Spectrum) technique. We made the mathematical model of the frequency discriminator and confirmed error reduction effect of FHSS by a numerical experiment.
キーワード (和) 電子波レンズ / 周波数弁別器 / FHSS / / / / /  
(英) Electron-Wave Lens / Frequency Discriminator / Frequency Hopping Spread Spectrum / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 14, NLP2015-20, pp. 93-97, 2015年4月.
資料番号 NLP2015-20 
発行日 2015-04-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2015-20

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-04-23 - 2015-04-24 
開催地(和) 香川県社会福祉総合センター(高松市) 
開催地(英) Kagawa Social Welfare Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子波レンズ効果を用いた周波数弁別器の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Electron-Wave Lens Frequency Discriminator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子波レンズ / Electron-Wave Lens  
キーワード(2)(和/英) 周波数弁別器 / Frequency Discriminator  
キーワード(3)(和/英) FHSS / Frequency Hopping Spread Spectrum  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱田 翔平 / Shouhei Hamada / ハマダ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-24 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2015-20 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.93-97 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2015-04-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会