電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-23 13:55
デジタルテントマップの格子点配置に対する動作解析
草野弘之山岡弘樹斎藤利通法政大NLP2015-7
抄録 (和) テントマップを離散化することで格子点上で定義されるデジタルテントマップを得ることができる。テントマップは複雑なカオス軌道を呈することがよく知られている。一方でデジタルテントマップは様々な周期軌道の定常状態を持ち、過渡現象もまた多種多様である。デジタルテントマップはパラメータと初期値に依存し様々な周期軌道を呈する。格子点配置の変更によるデジタルテントマップの動作の影響について考察する。デジタルマップの動作を特徴付けるために定常状態と過渡現象についての特徴量を導入し、特徴量平面を作成する。特徴量平面を用いることで、基本動作を解析し、典型的な例に分類する。 
(英) Discretizing the tent map, we obtain the digital tent map defined on a set of lattice points.
As is well known, the tent map exhibits chaotic orbit, whereas the digital tent map has various steady states of periodic orbits.
The transient phenomena are also of wide variety.
Depending on the parameters and initial value, the map can exhibit various periodic orbits.
Especially, we consider effects of the lattice points arrangement on the dynamics of the map.
In order to characterize the dynamics of the map, we introduce a feature quantity of steady states, that of transient phenomena and a feature quantities plane.
Using the feature quantities, we analyze basic dynamics and demonstrate typical examples.
キーワード (和) テントマップ / デジタル力学系 / 周期解 / 過渡現象 / / / /  
(英) tent map / digital dynamical system / periodic orbits / transient phenomena / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 14, NLP2015-7, pp. 27-32, 2015年4月.
資料番号 NLP2015-7 
発行日 2015-04-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2015-7

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-04-23 - 2015-04-24 
開催地(和) 香川県社会福祉総合センター(高松市) 
開催地(英) Kagawa Social Welfare Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルテントマップの格子点配置に対する動作解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamaics Analysis of Digital Tent Map for Lattice Point Arrangement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テントマップ / tent map  
キーワード(2)(和/英) デジタル力学系 / digital dynamical system  
キーワード(3)(和/英) 周期解 / periodic orbits  
キーワード(4)(和/英) 過渡現象 / transient phenomena  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 草野 弘之 / Hiroyuki Kusano / クサノ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 弘樹 / Hiroki Yamaoka / ヤマオカ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 利通 / Toshimichi Saito / サイトウ トシミチ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-23 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2015-7 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2015-04-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会