電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-22 10:45
双方向デジタルFPUにおけるHARQ方式の設計と評価
鵜澤史貴小山智史熊谷 崇光山和彦居相直彦青木勝典NHKCQ2015-9
抄録 (和) 放送分野において,映像素材をファイル形式で収録・管理するファイルベース化が急速に進んでいる.筆者らは,ファイル形式の映像素材の高速伝送に適した双方向デジタルFPU(Field Pick-up Unit)システムの開発を進めている.今回はFPUによるファイル伝送の信頼性を高めるHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)方式について,その性能を評価した.時分割複信(TDD: Time Division Duplex)を用いた双方向FPU試作装置による評価の結果,HARQ未使用時にTCPスループットが低下する環境においても,HARQによる誤り制御により,スループットの向上を見込めることがわかった. 
(英) File-based video system has become widespread in the television broadcasting field. The authors are developing a bidirectional digital FPU (Field Pick-up Unit) system suitable for high-speed video file transmission. In this report, we evaluated the HARQ (Hybrid Automatic Repeat reQuest) scheme aiming for high-reliability of file transmission. From the result of measurements using the prototype of bidirectional FPU equipment applying HARQ scheme, it was confirmed the TCP throughput improvement in comparison with the TCP throughput of the other prototype not applying HARQ scheme.
キーワード (和) 双方向デジタルFPU / 時分割複信 / HARQ / TCP/IP / スループット / / /  
(英) Bidirectional Digital FPU / TDD (Time Division Duplex) / HARQ / TCP/IP / Throughput / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 11, CQ2015-9, pp. 45-49, 2015年4月.
資料番号 CQ2015-9 
発行日 2015-04-14 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2015-9

研究会情報
研究会 CQ CS  
開催期間 2015-04-21 - 2015-04-22 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) 5G時代のアプリケーション,ネットワークのプログラマビリティ,SDN(Software-Defined Networking),NFV(Network Functions. Virtualization),クラウド,ネットワーク仮想化,サービス品質,コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) Application for 5G, Programmability of Network, SDN (Software-Defined Networking), NFV(Network Functions. Virtualization),Cloud, Network Virtualization, Service Quality, Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-04-CQ-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双方向デジタルFPUにおけるHARQ方式の設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of HARQ Scheme for Bidirectional Digital FPU System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双方向デジタルFPU / Bidirectional Digital FPU  
キーワード(2)(和/英) 時分割複信 / TDD (Time Division Duplex)  
キーワード(3)(和/英) HARQ / HARQ  
キーワード(4)(和/英) TCP/IP / TCP/IP  
キーワード(5)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 智史 / Tomofumi Koyama / コヤマ トモフミ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 崇 / Takashi Kumagai / クマガイ タカシ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 勝典 / Katsunori Aoki / アオキ カツノリ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-22 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2015-9 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.45-49 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CQ-2015-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会