電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-17 08:30
QZSS端末のGPS補完とGPS補強の実測評価
小熊 博則島景太末広小夏富山高専)・三宅裕士亀田 卓平 明徳末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2015-9
抄録 (和) 我々は異種無線融合システムによる大容量無線通信システムのセル選択手法に準天頂衛星システム(QZSS:Quasi-Zenith Satellite System)等の位置情報の活用を検討している.QZSSは,主に日本及びアジア・オセアニア向けに利用可能とする衛星測位システムであり,2015年3月現在では1機配備され,2018年には4機体制のオープンサービスが計画されている.QZSSには,準天頂衛星とGPS(Global Positioning System)との組み合わせによって利用可能エリアの拡大や利用可能時間を増加させるGPS補完と測位補強信号によりGPSの位置捕捉精度の向上を目的としたGPS補強がある.しかしながら位置捕捉精度は測位端末や測位環境への依存性が高く一概に精度を示すことが難しい.そのため,実環境下において実機により実測評価することが非常に重要である.本論文では,準天頂衛星の打ち上げによるGPS補完とGPS補強の効果の検証を目的として実測ベースに評価した.複数社のQZSS端末について実測し衛星測位アルゴリズムや温度補償の課題を明らかにしQZSS受信端末の選定及び測定手法の確立を行った.確立した測定手法を用いL1-C/A信号によるGPS補完の効果について評価したところ天空率が約11%の環境下で測位利用可能時間がGPSの約95.5%からQZSSでは98.8%に向上することが確認できた.さらにL1-SAIF(Submeter-class Augmentation with Integrity Function)によるGPS補強の効果について静止時及び移動時の両状態においてGPSの位置捕捉精度より大幅に向上することを示した. 
(英) Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) is a satellite navigation system consisting of several QZSS satellites in highly inclined elliptical orbits to be available. The aim of QZSS is to enhance the current availability and performance of Global Navigation Satellite System (GNSS) typically over Japan and Asia Oceania region. Besides transmitting conventional positioning signals (L1-C/A, etc) and augmentation signals (L1-SAIF, etc) , it is expected to enhance the performance of GNSS. However position accuracy is unconditionally dependence on receivers and environment. Therefore, it is very important to evaluate the actual measured in a real environment. In this paper, we evaluated the effect of Global Positioning System (GPS) complement and reinforcement of QZSS. In the point of GPS complementary, the positioning availability time is improved from 95.5% to 98.8% at the place where the sky view factor is 11%. In the point of GPS reinforcement, positioning accuracy is improved in stable place and tall building area by moving car.
キーワード (和) QZSS / GPS / GPS補完 / GPS補強 / / / /  
(英) QZSS / GPS / Complementary / Reinforcement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 2, RCS2015-9, pp. 41-46, 2015年4月.
資料番号 RCS2015-9 
発行日 2015-04-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2015-9

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2015-04-16 - 2015-04-17 
開催地(和) 湯布院・湯布郷館 
開催地(英) Yufuin, Yufugoukan 
テーマ(和) 無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QZSS端末のGPS補完とGPS補強の実測評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Positioning Accuracy on QZSS Terminal for GPS Complementary and Reinforcement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QZSS / QZSS  
キーワード(2)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(3)(和/英) GPS補完 / Complementary  
キーワード(4)(和/英) GPS補強 / Reinforcement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
NIT,Toyama College (略称: NIT,Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 則島 景太 / Keita Norishima / ノリシマ ケイタ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
NIT,Toyama College (略称: NIT,Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末広 小夏 / Konatsu Suehiro / スエヒロ コナツ
第3著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
NIT,Toyama College (略称: NIT,Toyama)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 裕士 / Yuji Miyake / ミヤケ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 明徳 / Akinori Taira / タイラ アキノリ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第8著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第9著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-17 08:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-9 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-04-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会