電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-17 08:55
QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における仰角マスクを考慮した時間同期精度の実験的検証
三宅裕士・○亀田 卓平 明徳東北大)・則島景太小熊 博富山高専)・末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2015-10
抄録 (和) 我々は準天頂衛星システム(QZSS: Quasi-Zenith Satellite System)を用いて災害時に安否確認システムとして活用できるショートメッセージSS-CDMA(spread spectrum code division multiple access)通信システムの提案・検討を行ってきた.長周期の拡散符号を用いたSS-CDMA により長距離通信と収容端末数拡大を目指す.提案システムはCDMA の多重数を最大化させるために衛星測位信号を用いてユーザ間の時間・周波数同期を行うことを特徴としている.本稿ではGPS(Global Positioning System)信号を用いて高精度な時間パルスを生成するGPS オシレータを用い,GPS オシレータ間で再生された時刻誤差を測定し,端末において実現できるユーザ間時刻同期精度を示す.また,QZSS を用いた測位精度から位置情報を用いた送信タイミング制御の制御誤差を算出し,衛星到達時点でのユーザ間時間同期精度を示す.実環境を考えると,都市部などでは上空の開き具合の指標である天空率が低下し,可視衛星数の減少などから位置精度・時刻精度が劣化することが想定される.そこで仰角マスクを用いて天空率を制御し時刻精度・位置精度の測定を行い,それぞれの仰角マスクにおける衛星到達時点での時間同期精度を示す. 
(英) We have proposed spread spectrum code division multiple access (SS-CDMA) short message communication using Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) for safety confirmation system at the time of large disaster.SS-CDMA realizes long distance communication and high accommodate rate using long spreading code.In order to maximize CDMA's accommodate rate, the proposed system is characterized performing time and frequency synchronization using positioning signal.In this report, we show timing synchronization accuracy at satellite by measurement of timing error that occurs between the Global Positioning System (GPS) oscillator and calculating of transmission timing control error using positioning error by QZSS.It is assumed that timing and position accuracy degrade from decrease of the number of visible satellites by the sky view factor at urban area.So we measured timing and position accuracy under condition controlled sky view factor using elevation angle mask.
キーワード (和) 衛星通信 / 準天頂衛星システム / GPS / スペクトラム拡散 / 符号分割多元接続 / 時間同期 / 仰角マスク /  
(英) satellite communication / Quasi-Zenith Satellite System / Global Positioning System / spread spectrum / code division multiple access / timing synchronization / elevation angle mask /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 2, RCS2015-10, pp. 47-52, 2015年4月.
資料番号 RCS2015-10 
発行日 2015-04-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2015-10

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2015-04-16 - 2015-04-17 
開催地(和) 湯布院・湯布郷館 
開催地(英) Yufuin, Yufugoukan 
テーマ(和) 無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における仰角マスクを考慮した時間同期精度の実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Timing Synchronization Accuracy considering Elevation Angle Mask for QZSS SS-CDMA Short Message Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / satellite communication  
キーワード(2)(和/英) 準天頂衛星システム / Quasi-Zenith Satellite System  
キーワード(3)(和/英) GPS / Global Positioning System  
キーワード(4)(和/英) スペクトラム拡散 / spread spectrum  
キーワード(5)(和/英) 符号分割多元接続 / code division multiple access  
キーワード(6)(和/英) 時間同期 / timing synchronization  
キーワード(7)(和/英) 仰角マスク / elevation angle mask  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 裕士 / Yuji Miyake / ミヤケ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 明徳 / Akinori Taira / タイラ アキノリ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 則島 景太 / Keita Norishima / ノリシマ ケイタ
第4著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: NIT, Toyama college)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: NIT, Toyama college)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第8著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-17 08:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-10 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-04-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会