お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-16 15:50
[招待講演]高度運転支援システムのためのクラウド型空間情報生成・利用技術
小島祥子鈴木徳祥佐藤和夫牧戸知史豊田中研RCS2015-5
抄録 (和) 近年,自動車にはカメラやレーダなどのセンサが搭載され,それらを活用した高度運転支援システムや自動運転技術が注目を浴びている.高度運転支援システムで,周囲の環境を把握し,どのように走行すべきかを判断するためには,自車のセンサ情報だけでなく,詳細なデジタル地図や高精度な自車位置情報が重要となる.高度運転支援システムのための高精度かつ詳細な地図情報(空間情報)は,作成・維持のためのコストが極めて高い.更に,運転に関わる動的な情報を地図上に配置し,逐次更新するローカルダイナミックマップ(LDM)は,周囲の車両の動きを含めた状況の理解に重要である.これらを用いて,自車のみに対する運転支援だけでなく,より安全かつスムーズな交通流を実現するために,各車両の動きを予測・判断する協調運転支援についても検討が進められている.本稿では,それらに用いられる無線通信技術への期待について述べる. 
(英) Recently, advanced driver assistance systems (ADAS) and automated vehicle technologies are attracting attention, that are using various onboard sensors; camera, millimeter-wave radar, GPS, and so on. Then, not only onboard sensor information but also a rich digital road map and accurate vehicle positions are very important to recognize road traffic environments and to decide an appropriate driving plan for ADAS. However, accurate and detail digital map information (spatial information) requires extremely high cost to create and maintain it in reliable condition. Moreover, Local Dynamic Map (LDM), that is mapped various dynamic information related to driving operation and updated with sufficiently-high rate, is also important to understand surrounding traffic environment including motions of vehicles. These spatial information technologies are expected to be also effective to realize safer and smoother traffic flow and to predict the motion of each vehicle for Cooperative driving assistance system. In this report, we introduce an approach to create spatial information on cloud-server and Local Dynamic Map, and then describe about an expectation to radio communication technologies.
キーワード (和) ITS / 高度運転支援システム / 高精度デジタル地図 / ローカルダイナミックマップ / / / /  
(英) ITS / Advanced Driver Assistance System / Accurate Digital Road Map / Local Dynamic Map / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 2, RCS2015-5, pp. 25-29, 2015年4月.
資料番号 RCS2015-5 
発行日 2015-04-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2015-5

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2015-04-16 - 2015-04-17 
開催地(和) 湯布院・湯布郷館 
開催地(英) Yufuin, Yufugoukan 
テーマ(和) 無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高度運転支援システムのためのクラウド型空間情報生成・利用技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cloud-oriented Spatial Information Creation for Advanced Driver Assistance Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 高度運転支援システム / Advanced Driver Assistance System  
キーワード(3)(和/英) 高精度デジタル地図 / Accurate Digital Road Map  
キーワード(4)(和/英) ローカルダイナミックマップ / Local Dynamic Map  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 祥子 / Yoshiko Kojima / コジマ ヨシコ
第1著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: Toyota CRDL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 徳祥 / Noriyoshi Suzuki / スズキ ノリヨシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: Toyota CRDL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 和夫 / Kazuo Sato / サトウ カズオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: Toyota CRDL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧戸 知史 / Satoshi Makido / マキド サトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: Toyota CRDL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-16 15:50:00 
発表時間 45 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-5 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2015-04-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会