お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-25 10:35
負荷特性が変動するDCモータを駆動するためのマイクロ波受電ディバイスの開発
黄 勇石川峻樹三谷友彦篠原真毅京大WPT2014-103
抄録 (和) DCモータの負荷特性は動作状態により変動する.レクテナのRF-DC変換効率は,出力端に接続した負荷に依存する.そのため,マイクロ波無線送電を用いてDCモータを駆動するためには,レクテナの効率が負荷に依存する特性を改善する必要がある.本研究ではDCモータを駆動するために,レクテナアレーと定入力抵抗を持つ昇降圧コンバータで構成されたマイクロ波受電ディバイスを開発した.二種類のレクテナと二種類の昇降圧コンバータで組み合わせた四つマイクロ波受電ディバイスの設計と試作を行った.また,マイクロ波受電ディバイスを用いて,DCモータの駆動実験を行った.実験の結果より,レクテナはほぼ最大効率でDCモータを駆動することを達成した.また,マイクロ波受電ディバイスの受電アンテナアレーからDCモータの入力までの総合効率が70%以上を実現した. 
(英) Input load characteristics of DC motor fluctuate as the input power is changed. Also the conversion efficiency of a RF-DC rectifier circuit is strictly affected by the output load. To drive a DC motor by microwave power transfer (MPT), we have to improve the efficiency-load characteristics of rectifying circuit. This study proposes a power-receiving device consisted of a rectenna array and a special buck-boost converter with constant input load characteristics. We design four different power-receiving devices combined by two different rectennas and two different buck-boost converters. We conduct experiments on driving a low-power DC motor by MPT using the power-receiving device. We successfully drive the DC motor at the maximum efficiency point of the rectifying circuit despite different power levels. The measured overall efficiency from receiving antenna array to the input of DC motor is over 70%.
キーワード (和) DCモータ / マイクロ波無線送電 / 昇降圧コンバータ / RF-DC変換効率 / レクテナアレー / / /  
(英) DC motor / MPT / buck-boost converter / RF-DC conversion efficiency / rectenna array / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 524, WPT2014-103, pp. 49-54, 2015年3月.
資料番号 WPT2014-103 
発行日 2015-03-17 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2014-103

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2015-03-24 - 2015-03-25 
開催地(和) 京都大学宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. Uji Campus 
テーマ(和) 無線電力伝送技術・SPS技術・一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, SPS Technology, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2015-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 負荷特性が変動するDCモータを駆動するためのマイクロ波受電ディバイスの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Microwave Power Receiving Device for Driving DC Motor with Dynamic Resistance Characteristic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DCモータ / DC motor  
キーワード(2)(和/英) マイクロ波無線送電 / MPT  
キーワード(3)(和/英) 昇降圧コンバータ / buck-boost converter  
キーワード(4)(和/英) RF-DC変換効率 / RF-DC conversion efficiency  
キーワード(5)(和/英) レクテナアレー / rectenna array  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黄 勇 / Yong Huang / コウ ユウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 峻樹 / Takaki Ishikawa / イシカワ タカキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 友彦 / Tomohiko Mitani / ミタニ トモヒコ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara / シノハラ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-25 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2014-103 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.524 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2015-03-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会