お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-20 13:40
分散システムの耐災害性を検証・評価するための災害シナリオを用いたネットワークエミュレータに関する考察
柏崎礼生阪大)・西内一馬シティネットICM2014-69
抄録 (和) 既に社会的なインフラとしての地位を確保したインターネットに代表される分散型の情報通信システムにおいて堅牢性の確保は重要な課題である.東南海大地震等の災害では同時多発的に障害が発生し,通常想定する範囲内に収まらない障害を想定しなければならない.そこで我々は分散システムの耐災害性を検証・評価するため,SDNを用いたSDDE (Software Defined Disaster Emulation) プラットフォームを開発した.本稿では既に起こった災害の記録と、これから起こる災害の被害想定を用いて,災害時の障害を模擬することで実ネットワークに反映させる実装について提案する. 
(英) It is important to ensure toughness and robustness of infrastructure for network services such as the Internet. Nowaday we, especially people living in the Pacific Ocean side of Japan, must design our system to endure beyond the scope of assumption of disaster caused by southeaster sea (Tounankai) earthquake. In this paper, authors propose implementations to reflect to real networks with disaster scenarioes as a basis for emulating disorders in times of disaster.
キーワード (和) 災害訓練 / SDN / 分散システム / / / / /  
(英) disaster emulation / software defined network / distributed system / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 523, ICM2014-69, pp. 91-96, 2015年3月.
資料番号 ICM2014-69 
発行日 2015-03-12 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2014-69

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2015-03-19 - 2015-03-20 
開催地(和) 石垣市民会館 
開催地(英) Ishigaki-City-Hall 
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2015-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散システムの耐災害性を検証・評価するための災害シナリオを用いたネットワークエミュレータに関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speculations about a network emulator using disaster scenarioes to validate and evaluate disaster tolerability of distributed systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害訓練 / disaster emulation  
キーワード(2)(和/英) SDN / software defined network  
キーワード(3)(和/英) 分散システム / distributed system  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏崎 礼生 / Hiroki Kashiwazaki /
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka Universty (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西内 一馬 / Kazuma Nishiuchi /
第2著者 所属(和/英) 株式会社シティネット (略称: シティネット)
City Net Inc. (略称: City Net Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-20 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2014-69 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.523 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2015-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会