電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-19 16:40
視覚障がい者のためのオプティカルフローを用いたエスカレータの昇降方向の認識に関する基礎的検討
中村大樹滝沢穂高筑波大)・青柳まゆみ愛知教大)・江崎修央鳥羽商船高専)・水野慎士愛知工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 視覚障がい者がエスカレータの乗り口でその昇降方向を認識することは難しく,誤ったエスカレータに乗ろうとして転倒したり,他の利用者と衝突したりするなど危険である.そこで本研究では,カメラで撮影した動画像の各フレームから,コーナー検出オペレータを使って特徴点を抽出し,RANSACを利用して推定したホモグラフィ行列でフレーム間の位置合わせを行い,エスカレータのステップ上の特徴点を選択し,オプティカルフローの向きから昇降方向を求め,視覚障がい者が誤った方向のエスカレータに搭乗しようとした際に警告音を発する手法を提案する.本手法をAndroid端末とPCに実装し,実画像で実験した結果を示す. 
(英) It is difficult for a visually impaired individual to recognize the moving directions of escalators at their entrance. If the individual rides on the escalator of the wrong direction, he or she will stumble its step or collide with other passengers. This report proposes a method of issuing a warning sound before a visually impaired individual rides a wrong escalator. First, points of interest are extracted form video frames captured by a camera by using a corner detection operator. Then, a homography matrix between successive two frames is estimated by using RANSAC and then the two frames are registered. Finally, the moving direction of an escalator is determined form the optical flow on the points of interest. The proposed method is implemented on an Android smartphone and a desktop PC, and experimental results are shown.
キーワード (和) 視覚障がい者 / エスカレータ / オプティカルフロー / ホモグラフィ行列 / 位置合わせ / / /  
(英) The Visually Impaired / Escalator / Optical flow / Homography / Registration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 521, PRMU2014-177, pp. 111-116, 2015年3月.
資料番号 PRMU2014-177 
発行日 2015-03-12 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2015-03-19 - 2015-03-20 
開催地(和) 慶応大学矢上キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) スマート・ウェアラブルデバイスに向けたパターン認識,生活を守るウェアラブルデバイス 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2015-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障がい者のためのオプティカルフローを用いたエスカレータの昇降方向の認識に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A preliminary study on recognition of moving directions of escalators for the visually impaired by use of optical flow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / The Visually Impaired  
キーワード(2)(和/英) エスカレータ / Escalator  
キーワード(3)(和/英) オプティカルフロー / Optical flow  
キーワード(4)(和/英) ホモグラフィ行列 / Homography  
キーワード(5)(和/英) 位置合わせ / Registration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 大樹 / Daiki Nakamura / ナカムラ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 穂高 / Hotaka Takizawa / タキザワ ホタカ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 まゆみ / Mayumi Aoyagi / アオヤギ マユミ
第3著者 所属(和/英) 愛知教育大学 (略称: 愛知教大)
Aichi University of Education (略称: Aichi Univ. of Edu.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 修央 / Nobuo Ezaki / エザキ ノブオ
第4著者 所属(和/英) 国立鳥羽商船高等専門学校 (略称: 鳥羽商船高専)
Toba National College of Maritime Technology (略称: Toba National coll. of Maritime Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 慎士 / Shinji Mizuno / ミズノ シンジ
第5著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: Aichi Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-19 16:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2014-57,IEICE-PRMU2014-177 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.520(BioX), no.521(PRMU) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2015-03-12,IEICE-PRMU-2015-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会