お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-17 11:25
脳波解析と瞳孔反応、表情反応を用いた感情推定
小林洋平渡邉ゆり田中美枝子小杉幸夫寺町康昌武者利光脳機能研)・倉島 渡塚田啓一菊池光一夏目綜研MBE2014-133 NC2014-84
抄録 (和) 扁桃体や、側座核、海馬を中心とする大脳辺縁系の活動(Emotion)と、これを修飾する大脳皮質の活動によって支えられるヒトの感情は、外面的には、顔の表情として観測されるのみならず、情動の表出器である視床下部を介した眼球反応や脳電位など、物理的に測定可能な生理現象としても、その活動の一端を推察することができる。本研究では、物理的に測定可能な、瞳孔径や、脳電位、顔表情を総合的に評価することで、ヒトの感情をより高い精度で推定することを目的とする。今回は、4種類のビデオコンテンツを視聴中の10名の被験者について、21電極の脳電位計測と、瞳孔径計測および顔表情計測を同時に行うことで、被験者の感情推定に有効な各種の指標抽出を行った。 
(英) In this research, we have conducted simultaneous monitoring of electro-encephalogram (EEG), pupillary reflex, as well as facial expressions on 10 adult female volunteers while watching video contents, in order to estimate the emotional states from physiological parameters, including pupillary size. Indicators for “pleasure happiness” or “sadness” were extracted from the EEG data using modified Neuronal Activity Topography (NAT) systems, which are proved to be consistent with ones obtained from the facial expression analyzer FAS system.
キーワード (和) 感情推定 / 脳電位 / 瞳孔径 / 顔表情 / / / /  
(英) Emotion / EEG / Pupillary Reflex / Facial Expression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 514, MBE2014-133, pp. 95-100, 2015年3月.
資料番号 MBE2014-133 
発行日 2015-03-09 (MBE, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2014-133 NC2014-84

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2015-03-16 - 2015-03-17 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英) ME, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2015-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脳波解析と瞳孔反応、表情反応を用いた感情推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Emotional State using EEG Analysis, Pupillary Reflex and Facial Expressions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感情推定 / Emotion  
キーワード(2)(和/英) 脳電位 / EEG  
キーワード(3)(和/英) 瞳孔径 / Pupillary Reflex  
キーワード(4)(和/英) 顔表情 / Facial Expression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 洋平 / Youhei Kobayashi / コバヤシ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 株式会社脳機能研究所 (略称: 脳機能研)
Brain Functions Laboratory, Inc. (略称: BFL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 ゆり / Yuri Watanabe / ワタナベ ユリ
第2著者 所属(和/英) 株式会社脳機能研究所 (略称: 脳機能研)
Brain Functions Laboratory, Inc. (略称: BFL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 美枝子 / Mieko Tanaka / タナカ ミエコ
第3著者 所属(和/英) 株式会社脳機能研究所 (略称: 脳機能研)
Brain Functions Laboratory, Inc. (略称: BFL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 幸夫 / Yukio Kosugi / コスギ ユキオ
第4著者 所属(和/英) 株式会社脳機能研究所 (略称: 脳機能研)
Brain Functions Laboratory, Inc. (略称: BFL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺町 康昌 / Yasuaki Teramachi / テラマチ ヤスアキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社脳機能研究所 (略称: 脳機能研)
Brain Functions Laboratory, Inc. (略称: BFL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 武者 利光 / Toshimitsu Musha / ムシャ トシミツ
第6著者 所属(和/英) 株式会社脳機能研究所 (略称: 脳機能研)
Brain Functions Laboratory, Inc. (略称: BFL)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉島 渡 / Wataru Kurashima / クラシマ ワタル
第7著者 所属(和/英) 株式会社夏目綜合研究所 (略称: 夏目綜研)
Natsume Research Institute, Co. Ltd. (略称: N-RI)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚田 啓一 / Keiichi Tsukada / ツカダ ケイイチ
第8著者 所属(和/英) 株式会社夏目綜合研究所 (略称: 夏目綜研)
Natsume Research Institute, Co. Ltd. (略称: N-RI)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 光一 / Kouichi Kikuchi / キクチ コウイチ
第9著者 所属(和/英) 株式会社夏目綜合研究所 (略称: 夏目綜研)
Natsume Research Institute, Co. Ltd. (略称: N-RI)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-17 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2014-133,IEICE-NC2014-84 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.514(MBE), no.515(NC) 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2015-03-09,IEICE-NC-2015-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会