電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 11:20
指示対象挿入機能を用いた要約筆記文作成システムの開発
堀池一希名大)・竹内義則大同大)・松本哲也工藤博章大西 昇名大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 聴覚に障害のある学生が高等教育機関に通い,健聴者と一緒に講義を受ける機会が増えている.その際の支援の一つに要約筆記がある.現在の要約筆記の問題点として,要約筆記者が講師の指示動作を見逃し,指示語と指示対象との関連付けが困難になること,複雑な数式等の入力は非常に手間がかかることなどがある.そのため,まず本研究では,講義映像中から指示対象物をリアルタイムで抽出するシステムを作成した.そして,指示対象物を要約筆記者に提示し,要約筆記文中に直接埋め込むことができるシステムを提案する.リアルタイムでの指示対象の抽出実験の結果,56.3%の再現率,64.3%の適合率を得た.また,要約筆記文作成システムを用い,要約筆記実験及び,その評価を行った.その結果,システムの画像挿入の機能を使用して行った要約筆記の方が,使用しない場合に比べ,要約筆記文の作成環境が改善されている傾向が見られた. 
(英) The occasions are increasing for hearing impaired students to go to the universities and to attend with hearing students. Transcribing is a one of the support for hearing impaired students. One problem in current transcribing systems is that transcribers are not able to assign demonstrative words with the pointed object if they miss lecture’s pointing gesture. Another problem is that inputting complex mathematical formulas is hard for transcribers. In this study, we make a system which extracts pointed or directed objects from lecture videos in real time. Then, we propose a system that can show directed objects to transcribers and embed them directly in the transcription. We conducted an experiment to extract the directed objects corresponding to the lecture’s demonstrative word in real time. The experimental result shows a 56.3% for recall and 64.3% for precision in extractions. In addition, we conducted experiments to transcribe the lecture with the proposed system. As a result, there was a tendency that the environment for creating transcription is improved by using the function of inserting images.
キーワード (和) 要約筆記 / 画像挿入 / 指示対象抽出 / / / / /  
(英) Transcribing / Inserting Images / Directed Objects Extraction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 512, WIT2014-109, pp. 135-140, 2015年3月.
資料番号 WIT2014-109 
発行日 2015-03-06 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2015-03-13 - 2015-03-14 
開催地(和) 筑波技術大学 春日キャンパス 
開催地(英) Kasuga Campus, Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2015-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 指示対象挿入機能を用いた要約筆記文作成システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Transcription System Using a Function of Inserting Directed Objects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 要約筆記 / Transcribing  
キーワード(2)(和/英) 画像挿入 / Inserting Images  
キーワード(3)(和/英) 指示対象抽出 / Directed Objects Extraction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀池 一希 / Kazuki Horiike / ホリイケ カズキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 義則 / Yoshinori Takeuchi / タケウチ ヨシノリ
第2著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Daido University (略称: Daido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 哲也 / Tetsuya Matsumoto / マツモト テツヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 博章 / Hiroaki Kudo / クドウ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 昇 / Noboru Ohnishi / オオニシ ノボル
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2014-109 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.512 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2015-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会