電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 11:00
課題の難易度と主観評価に基づく情報提示手法の評価実験
岡崎泰久西村康平佐賀大)・吉川 厚東工大
抄録 (和) 本研究では,板書のように書いていく過程を提示する動的提示,および,最終結果のみを提示する静的提示という情報提示方法の違いが,学習者の理解に与える影響を,実験により調べる.図形の証明課題を取り上げ,動的提示の速さや情報の提示手法の違いの影響を,課題の難易度と学習者自身による主観評価およびその視線の動きから分析した.その結果,構成的理解を助ける動的提示は,課題が難しい場合には有効な提示手法であり,情報の解釈の自由度を与える静的提示は,課題が難しくない場合には,有効な提示手法となり得ることを示した.また,動的提示における提示の速さが,理解の重要な要因となり,適切な情報提示の速さが存在する可能性を示した. 
(英) In this study, we investigate influences of the differences in information presentation methods by experiment. Dynamic presentation presents the writing process, such as writing on a chalkboard. Static presentation presents only the final results of the writing. We selected geometric proofs as topics for experimental problems. We analyzed the effect of speed of information presentation in dynamic presentation and the difference of presentation method itself based on problem levels, learners' subjective evaluation and gaze analysis with eye tracker. We demonstrated that dynamic presentation has possibility to be helpful for difficult problems. Meanwhile, static presentation can be helpful for easy problems. We also found that it is probable that speed of presentation is one of the important factors for understanding and appropriate speed exists.
キーワード (和) 板書 / スライド / 書く過程 / 情報提示 / 主観評価 / / /  
(英) chalkboard / slide / writing process / information presentation / subjective evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-98, pp. 71-76, 2015年3月.
資料番号 ET2014-98 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 課題の難易度と主観評価に基づく情報提示手法の評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation Experiment of Information Presentation Method Based on Problem Levels and Learners' Subjective Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 板書 / chalkboard  
キーワード(2)(和/英) スライド / slide  
キーワード(3)(和/英) 書く過程 / writing process  
キーワード(4)(和/英) 情報提示 / information presentation  
キーワード(5)(和/英) 主観評価 / subjective evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 泰久 / Yasuhisa Okazaki / オカザキ ヤスヒサ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 康平 / Kouhei Nishimura / ニシムラ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 厚 / Atsushi Yoshikawa / ヨシカワ アツシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-98 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会