電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 10:35
深度センサを用いたスポーツフォームの類似度評価法
兼子政孝工藤博章松本哲也名大)・竹内義則大同大)・大西 昇名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,スポーツフォーム教示を目的とした個人間の類似度の評価法を提案する.まずMicrosoft 社のKinectの深度センサを用いて関節座標のデータを取得する.スポーツフォームは動作時間が異なるため,DPマッチングによってデータ長をそろえる.こうして得られたデータを使い,関節座標から得られる四元数の相関係数を各関節1秒ごとに計算する.提案手法では,対応付けされたデータに対し関節座標間のベクトル(方向ベクトル)を1フレームごとに算出し,2つのデータを同時間のユークリッド距離を用いて評価を行う.空手道のフォームに対して実験を行い,提案手法はより詳細な差異を表示できた. 
(英) This paper shows similarity evaluation methods for detecting the motion difference between individuals to teach sports form. First, we capture time series data of joint positions by using Kinect (which is a motion sensing devices by Microsoft). Motion duration of sports varies from a person to a person. So we use the DP matching to make two motion lengths equal. We calculate correlation coefficients of joints quaternions every one second between quaternions. In the proposed method, we calculate vectors connecting joints (direction vector) at each frame from the time warped data, and evaluate them by using Euclidean distance at the same frame. We have conducted experiments in Karatedo motions and obtained that the proposed method could detect detailed difference between motions.
キーワード (和) スポーツフォーム教示 / DPマッチング / 四元数の相関係数 / 方向ベクトル / / / /  
(英) sports form teaching / DP matching / quaternion correlation coefficient / direction vector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-109, pp. 137-142, 2015年3月.
資料番号 ET2014-109 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深度センサを用いたスポーツフォームの類似度評価法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Similarity Evaluation Methods of Sports Form by Using Depth Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スポーツフォーム教示 / sports form teaching  
キーワード(2)(和/英) DPマッチング / DP matching  
キーワード(3)(和/英) 四元数の相関係数 / quaternion correlation coefficient  
キーワード(4)(和/英) 方向ベクトル / direction vector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 兼子 政孝 / Masataka Kaneko / カネコ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 博章 / Hiroaki Kudo / クドウ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 哲也 / Tetsuya Matsumoto / マツモト テツヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 義則 / Yoshinori Takeuchi / タケウチ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Daido University (略称: Daido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 昇 / Noboru Ohnishi / オオニシ ノボル
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-109 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会