電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 14:30
パラメトリックスピーカロボットによる視覚障がい者の単独ADL訓練に関する基礎的検討
戒能孝治滝沢穂高筑波大)・青柳まゆみ愛知教大)・江崎修央鳥羽商船高専)・水野慎士愛知工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究は,視覚障がい者のADLを訓練するためのパラメトリックスピーカロボットシステムを提案する.ロボットは雲台にパラメトリックスピーカとカメラを搭載しており,支援者がネットワーク越しに視覚障がい者の様子を見ることができるほか,パソコンを通して雲台の制御と音声通信をすることができる.支援者が入力する音声はパラメトリックスピーカから出力され,その音声は物体表面で反射し,視覚障がい者にはあたかも物体から音が発せられているかのように聞こえる.本報告では,支援者が入力した音声データと雲台制御信号をロボットが記憶し,視覚障がい者が後でそれを再生することによって単独でADL訓練を実施できるように改良を加える. 
(英) This report proposes a parametric speaker robot that can perform the interactive training of activities in daily life (ADL) for the visually impaired. The robot has a pan-tilt head equipped with a parametric speaker and a camera. Over the network, a trainer can see a trainee's environment, control the pan-tilt head and communicate with the trainee. The trainer's voice is outputed from the parametric speaker, and then reflected on the surface of an object. The trainee can hear the reflected voice as if it is generated by the object. In this report, we improve the software of the robot so that the robot stores trainer's voices and pan-tilt head control signals. By inputting the stored data to the robot, it can act without any a trainee's control, and the trainee can perform the ADL training by himself or herself.
キーワード (和) 視覚障がい者 / パラメトリックスピーカ / ネットワーク型ロボット / 単独ADL訓練 / / / /  
(英) The Visually Impaired / Parametric Speaker / Network-based robot / Solo ADL training / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 512, WIT2014-115, pp. 171-174, 2015年3月.
資料番号 WIT2014-115 
発行日 2015-03-06 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2015-03-13 - 2015-03-14 
開催地(和) 筑波技術大学 春日キャンパス 
開催地(英) Kasuga Campus, Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2015-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメトリックスピーカロボットによる視覚障がい者の単独ADL訓練に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Preliminary Study on Solo ADL Training for the Visually Impaired by Use of a Parametric Speaker Robot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / The Visually Impaired  
キーワード(2)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric Speaker  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク型ロボット / Network-based robot  
キーワード(4)(和/英) 単独ADL訓練 / Solo ADL training  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戒能 孝治 / Koji Kainou / カイノウ コウジ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 穂高 / Hotaka Takizawa / タキザワ ホタカ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 まゆみ / Mayumi Aoyagi / アオヤギ マユミ
第3著者 所属(和/英) 愛知教育大学 (略称: 愛知教大)
Aichi University of Education (略称: Aichi Univ. of Educ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 修央 / Nobuo Ezaki / エザキ ノブオ
第4著者 所属(和/英) 鳥羽商船高等専門学校 (略称: 鳥羽商船高専)
Toba National College of Maritime Technology (略称: Toba NCMT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 慎士 / Shinji Mizuno / ミズノ シンジ
第5著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: Aichi Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2014-115 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.512 
ページ範囲 pp.171-174 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WIT-2015-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会