お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 11:00
教員の手元に実演と同期して字幕を表示する教示支援システム ~ SynchroniZed TAbletop Projection system: SZTAP ~
鈴木拓弥小林 真筑波技大WIT2014-108
抄録 (和) 聴覚障害学生に対する実技演習において,実演と同期して字幕を教員の手元近くに投影して支援するシステムを試作し,効果を検証した.聴覚障害学生にとって,本来は手元で行われる実演内容と口頭で説明される教示内容とが同時に取得できることが望ましい.しかし手話や要約筆記といった従来の情報保障を用いた場合,手元で行われている操作と手話や字幕を交互に見る必要があり,実演場所とそれら情報保障との距離の隔たりや表示タイミングの遅延が授業理解を妨げている.本研究において,この阻害要因を取り除くため,口頭で説明する内容を予め用意しておき,実演する教員の手元に直接,遅延なく投影する教示支援システムを提案する.提案するシステムの有効性は,聴覚障害学生を対象とした実技演習において示された. 
(英) Teaching support system which displays synchronized explaining texts near teacher’s hands in practical skill class for hearing impaired students was developed and we validated its effect by adapting the system to a lecture. The ideal way to support these students is to give both of the demonstration and its explaining information simultaneously. However, using conventional information support methods like sign language or subtitle translation, students have to watch the demonstration and subtitles or sign language one after another. The distance between the real demonstration and the translation signs/texts and the latency between the real speech and the translation leads misunderstandings. To remove these distance and latency, the system projects prepared explaining texts directly onto near the teacher’s hands without any latency. The effect of the proposed system was shown in practical lesson of Manga drawing for hearing impaired students.
キーワード (和) 聴覚障害学生 / 実技演習 / 教示支援システム / 情報保障 / / / /  
(英) hearing impaired students / practical lesson / teaching support / information suppor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 512, WIT2014-108, pp. 131-134, 2015年3月.
資料番号 WIT2014-108 
発行日 2015-03-06 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2014-108

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2015-03-13 - 2015-03-14 
開催地(和) 筑波技術大学 春日キャンパス 
開催地(英) Kasuga Campus, Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2015-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 教員の手元に実演と同期して字幕を表示する教示支援システム 
サブタイトル(和) SynchroniZed TAbletop Projection system: SZTAP 
タイトル(英) A teaching support system which displays synchronized subtitles near teacher's hands in practical skill class for hearing impaired students 
サブタイトル(英) SynchroniZed TAbletop Projection system: SZTAP 
キーワード(1)(和/英) 聴覚障害学生 / hearing impaired students  
キーワード(2)(和/英) 実技演習 / practical lesson  
キーワード(3)(和/英) 教示支援システム / teaching support  
キーワード(4)(和/英) 情報保障 / information suppor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 拓弥 / Takuya Suzuki / スズキ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: NTUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真 / Makoto Kobayashi / コバヤシ マコト
第2著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: NTUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2014-108 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.512 
ページ範囲 pp.131-134 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WIT-2015-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会