電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 13:15
拡張性を有する学習支援システムアーキテクチャにおける教材オブジェクト間通信パターンの検討
仲林 清千葉工大)・森本容介放送大
抄録 (和) 拡張性を有する学習支援システムELECOAにおける教材オブジェクト間通信パターンの検討について述べる.ELECOAの特徴は,プログラムモジュールである教材オブジェクトを追加することで,機能拡張性とコンテンツ再利用性を両立させた柔軟な学習環境を提供することにある.教材オブジェクトを自由に組み合わせるためには,予め教材オブジェクト間の通信パターンを定めておき,新規に作成する教材オブジェクトはその通信パターンを遵守する必要がある.今回,ELECOAによるグループ型作問学習環境の検討を進め,従来の独習型環境における4種の教材オブジェクト間通信パターンで,学習者間の同期を必要とするグループ学習環境の構築も可能であり,グループ学習環境で既存の独習型教材も再利用できる見通しを得た. 
(英) This report investigates communication patterns between courseware objects in Extensible Learning Environment with Courseware Object Architecture (ELECOA). ELECOA features a flexibility to provide learning environment that ensures both function extensibility and content reusability. To achieve this feature, ELECOA allows incremental function extension by adding program module called “courseware object”. To allow any combinations of courseware objects, it is necessary to define communication patterns between courseware objects in advance, then new courseware objects should be designed in a compliant way with the predefined communication patterns. This report describes the investigation of such communication patterns in the ELECOA-based group learning environment for question-generation learning. The investigation result indicates that the original four communication patterns implemented in ELECOA-based self-learning environment can be applied to the group learning environment requiring inter-learners synchronization. It is not necessary to modify the original four communication patterns meaning existing self-learning materials can be reused without modification in the group learning environment.
キーワード (和) 学習者適応 / 拡張可能学習支援システム / 教材オブジェクト / グループ学習 / / / /  
(英) Learner Adaptation / , Extensible Learning Support System / Courseware Object / Group Learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-100, pp. 83-88, 2015年3月.
資料番号 ET2014-100 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡張性を有する学習支援システムアーキテクチャにおける教材オブジェクト間通信パターンの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Communication Patterns between Courseware Objects in Extensible Learning Support System Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 学習者適応 / Learner Adaptation  
キーワード(2)(和/英) 拡張可能学習支援システム / , Extensible Learning Support System  
キーワード(3)(和/英) 教材オブジェクト / Courseware Object  
キーワード(4)(和/英) グループ学習 / Group Learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲林 清 / Kiyoshi Nakabayashi / ナカバヤシ キヨシ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 容介 / Yosuke Morimoto /
第2著者 所属(和/英) 放送大学 (略称: 放送大)
The Open University of Japan (略称: OUJ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-100 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会