電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 11:00
児童を対象としたサッカー学習支援システム
米谷雄介岡山和馬永岡慶三早大
抄録 (和) サッカーのプレーにおいて,選手がボール保持時に適切な判断を行うためには,「顔を上げて周りを見ながらドリブルする技術」の獲得が重要である.こうした技術を児童に獲得させるためには,まず児童自身がなぜこの技術が重要であるのかを理解することが必要である.本研究では,サッカー選手の一人称視点映像を利用した児童向けのサッカー学習支援システムを開発し,実践を通じてその「顔を上げたドリブル」に対する児童の意識づけへの効果を検証する. 
(英) "Dribbling with looking up" became a vital technique for soccer players making suitable decisions in soccer games. To support children to learn this technique, it’s important to teach children the necessity of this technique at first. In this paper, we develop a soccer learning support system utilizing a movie of player’s viewpoint to teach children the importance of the technique. We evaluate an efficiency of the system for improving children’s awareness of "dribbling with looking up" through a practice.
キーワード (和) 学習支援システム / 児童 / サッカー学習 / 選手視点 / 顔を上げたドリブル / / /  
(英) Learning support system / Children / Soccer learning / Player’s viewpoint / Dribbling with looking up / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-110, pp. 143-146, 2015年3月.
資料番号 ET2014-110 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 児童を対象としたサッカー学習支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Learning Support System for Children's Soccer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 学習支援システム / Learning support system  
キーワード(2)(和/英) 児童 / Children  
キーワード(3)(和/英) サッカー学習 / Soccer learning  
キーワード(4)(和/英) 選手視点 / Player’s viewpoint  
キーワード(5)(和/英) 顔を上げたドリブル / Dribbling with looking up  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米谷 雄介 / Yusuke Kometani / コメタニ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡山 和馬 / Kazuma Okayama / オカヤマ カズマ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永岡 慶三 / Keizo Nagaoka / ナガオカ ケイゾウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-110 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.143-146 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会