電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 15:40
コンテンツ連動型ジェスチャ操作を用いたプレゼンテーション支援システム
三縞良介小尻智子関西大
抄録 (和) プレゼンテーションでは、発表者は言いたいことをまとめたスライドを口頭で説明する。口頭発表では言葉での説明に加え、ジェスチャを用いて意図を伝達することが多い。しかし、内容に応じたジェスチャを効果的に活用できない発表者も存在する。本研究では、オブジェクトの意味に応じたジェスチャをしなければアニメーションが開始されないようなアニメーション開始機能を有するプレゼンテーションシステムを提案することで、効果的なプレゼンテーションの実現を支援する。システムは発表者のジェスチャを認識し、発表者があらかじめ付与したオブジェクトの意図に応じたジェスチャをした場合にのみオブジェクトのアニメーションを開始する。評価実験の結果、システムを用いたプレゼンテーションは意図の伝達を促進することが明らかになった。 
(英) In a presentation, a presenter gives extra explanation to slides that summarize topics. During the explanation, presenter often makes a gesture to emphasize intention. However, some presenters cannot make appropriate gestures at right contents. In order for a presenter to make appropriate gestures, this study develops presentation support system that recognizes the specific gesture and contains function that starts animation of slide objects according to the gesture which represents their intentions. Based on the experiment, the presentation using the system can represent intention for slide object appropriately.
キーワード (和) プレゼンテーション / ジェスチャ認識 / 意図の伝達 / / / / /  
(英) Presentation support / gesture recognition / representation of intention / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-116, pp. 175-180, 2015年3月.
資料番号 ET2014-116 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ連動型ジェスチャ操作を用いたプレゼンテーション支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Presentation Support System Based on Contents-dependent Gesture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プレゼンテーション / Presentation support  
キーワード(2)(和/英) ジェスチャ認識 / gesture recognition  
キーワード(3)(和/英) 意図の伝達 / representation of intention  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三縞 良介 / Ryosuke Mishima / ミシマ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小尻 智子 / Tomoko Kojiri / コジリ トモコ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-116 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.175-180 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会