電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 11:00
ソフトウェア開発演習における自動テスト実践支援システム
大橋旭雄学芸大)・神長裕明中村勝一福島大)・森本康彦宮寺庸造学芸大
抄録 (和) 本研究では,ソフトウェア開発演習の場において,開発初心者が自動テストを用いた開発を円滑に実践できることを目的とし,テスタブルコードの作成支援を行う.テスタブルコードとは自動テスト実施に必要な性質を備えたソースコードであり,関連する数多くのパターンが提唱されている.本研究では,まずこれらパターンの中から最低限欠如してはならないとされる特徴を抽出した.これらを本研究におけるテスタブルコードの性質と定義し,性質を満たさない非テスタブルコードを機械的に検出するために性質を定量化した.次に,定量化した性質を検出するための手法を開発し,手法を用いた非テスタブルコード自動検出及び提示システムを実装した.そして,実装したシステムをソフトウェア開発演習の現場で運用,評価を行い,提案手法の有用性や妥当性を示した. 
(英) This study aims to develop a support environment for enabling software development beginners to smoothly practice development procedures through automated tests, therefore the "testable" source code development support is treated. The "testable source code" is a source code with the necessary properties for automated test execution, a number of relevant patterns have been proposed. In this study, we first extracted characteristics that are fatal in executing automated tests from these patterns. We defined the characteristics of the testable source code in this study as quantified properties in order to detect mechanically "untestable" source codes that do not satisfy the characteristics. Then we developed methods for detecting the quantified characteristics and a system in which untestable codes are automatically detected by using these methods. Furthermore, we utilized the system in software development exercises, and evaluation results obtained for it showed the usefulness and validity of the proposed method.
キーワード (和) ソフトウェア開発演習 / 自動テスト / テスタブルコード / 開発支援 / / / /  
(英) Software Development Exercises / Automated Tests / Testable Source Code / Development Support / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-87, pp. 13-18, 2015年3月.
資料番号 ET2014-87 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウェア開発演習における自動テスト実践支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Support System of Automated Tests in Software Development Exercises 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア開発演習 / Software Development Exercises  
キーワード(2)(和/英) 自動テスト / Automated Tests  
キーワード(3)(和/英) テスタブルコード / Testable Source Code  
キーワード(4)(和/英) 開発支援 / Development Support  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 旭雄 / Akio Ohashi / オオハシ アキオ
第1著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神長 裕明 / Hiroaki Kaminaga / カミナガ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 勝一 / Shoichi Nakamura / ナカムラ ショウイチ
第3著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 康彦 / Yasuhiko Morimoto / モリモト ヤスヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮寺 庸造 / Youzou Miyadera / ミヤデラ ヨウゾウ
第5著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-87 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会