電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 13:15
社会人基礎力育成を目標としたゼミ活動形態授業の開発と評価
青木和佳子米谷雄介永岡慶三早大
抄録 (和) 近年の急激な社会環境の変化にともない,社会人基礎力を有する人材の育成が急務となった.特に大学教育において求められ,社会人基礎力育成を目標とした授業が多く開発されつつある[1].今後の大学教育において,そうした形態の授業を効果的に実行する場はゼミ活動に集約されよう[2].本報告での手法など多様な手段の開発が急がれる[3][4].こうした授業の中で特に効果的だとされているのがPBL型授業である[5].しかし学生が獲得しうる力の測定が難しく気付きになりにくい.そこで本研究ではPBL内で能力を測る自己評価・他者評価ルーブリックを用い自他間の評価の差を知ることで,自身の社会人基礎力の現状を確認し,気づきから社会人基礎力の向上に繋げられるかを検証する.また大学におけるゼミ活動の機能の一つとして社会人基礎力育成を目標とした授業形態に一つの指針を示すことを本研究の目的とする. 
(英) Development of human resources with the Fundamental Competencies for Working Persons has become one of urgent tasks with recent rapid social environmental changes. It is especially required in university education, and many styles of class aiming at improvement the competencies are being developed [1].The central component giving such classes will be seminar activity in future’s university education [2]. Development of the various means like our method in this report is urgent [3] [4]. PBL lesson in particular is effective among such classes [5]. But it's difficult to measure the students’ Fundamental Competencies and to impart awareness to students. So, in this study, we introduce a rubric for measuring the students’ competencies by self-evaluation and peer evaluation in PBL lessons. And we investigate that differences between self-evaluation and peer evaluation promote students’ awareness of the Fundamental Competencies, and the awareness leads to improvement the students’ competencies. In addition, the goal of study is showing of guidelines for developing lessons that train the students’ Fundamental Competencies as one of functions in seminar activity.
キーワード (和) 社会人基礎力 / ゼミ活動 / PBL / ルーブリック / / / /  
(英) the Fundamental Competencies for Working Persons / Seminar Activity / PBL / Rubric / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-88, pp. 19-22, 2015年3月.
資料番号 ET2014-88 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 社会人基礎力育成を目標としたゼミ活動形態授業の開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of Seminar Activities Aiming at Improvement the Fundamental Competencies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 社会人基礎力 / the Fundamental Competencies for Working Persons  
キーワード(2)(和/英) ゼミ活動 / Seminar Activity  
キーワード(3)(和/英) PBL / PBL  
キーワード(4)(和/英) ルーブリック / Rubric  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 和佳子 / Wakako Aoki / アオキ ワカコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 米谷 雄介 / Yusuke Kometani / コメタニ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永岡 慶三 / Keizo Nagaoka / ナガオカ ケイゾウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-88 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会