電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 10:10
身体スキル言語化のためのスケルトンモデルに基づいた身体動作描画ツール
橋本遼太小尻智子関西大
抄録 (和) 自身の身体動作を正しく理解することは、身体スキルを獲得するために重要である。自身の身体動作を描画によって外化することは、自身が重要だと意識している身体箇所に関する理解を促進し、またその動作に対して新しく気づきが発生すると考えられる。本研究ではユーザが自身の動作を描写することのできる、スケルトンモデルに基づいた描写ツールを構築した。本ツールでは描写にかかった時間に基づいて、ユーザに重要な身体箇所を指摘する機能も有している。本発表では、開発したツールと野球のスイングを対象に行った評価実験の結果を報告する。 
(英) To understand our own movement is important for acquiring motor skill. On the other hand, drawing is regarded as one of the effective tools for understanding the target. Thus, the objective of our research is to investigate the effect of drawing in understanding our own movement. The drawing tool is developed in which body form can be drawn by manipulating Skelton model. This tool also points out body parts that are not mentioned in explaining our body form but took long time in drawing. In this paper, the developed drawing tool is introduced and the effectiveness of drawing in understanding the body movement is investigated.
キーワード (和) 描写ツール / 言語化 / 身体スキル / 気づきの促進 / / / /  
(英) Drawing tool / verbalization / motion skill / awareness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 513, ET2014-108, pp. 131-136, 2015年3月.
資料番号 ET2014-108 
発行日 2015-03-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 四国大学交流プラザ 
開催地(英) Shikoku Univ. Plaza 
テーマ(和) クラウド技術の教育活用/一般 
テーマ(英) Cloud Technology for Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 身体スキル言語化のためのスケルトンモデルに基づいた身体動作描画ツール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Skelton Model-based Motion Drawing Tool for Verbalization of Motor Skill 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 描写ツール / Drawing tool  
キーワード(2)(和/英) 言語化 / verbalization  
キーワード(3)(和/英) 身体スキル / motion skill  
キーワード(4)(和/英) 気づきの促進 / awareness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 遼太 / Ryouta Hashimoto / ハシモト リョウタ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小尻 智子 / Tomoko Kojiri / コジリ トモコ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-108 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会