お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-13 17:30
触感とジェスチャを用いた視覚障碍者向けインタラクティブシステムの開発 ~ 展示会への参加 ~
臼田啓佑松岡秀平大倉典子芝浦工大WIT2014-103
抄録 (和) 視覚障碍者には,聴覚のみならず触覚に対しても優れた特性が確認されているが,それを利用したシステムはあまり多くない.本研究では,視覚障碍者の優れた触覚特性を利用し,さらにジェスチャによる能動的な要素を加えた,視覚障碍者こそが楽しむことができるインタラクティブシステムの開発と評価を行う.触感を出力
するデバイスとしてTECHTILE toolkit,ジェスチャを認識するデバイスとしてKinect for Windowsを用い,数種類の触感及びジェスチャを用いたコンテンツを作成した.本稿は視覚障碍者向けの展示会に参加し,実験を行った際の結果を報告する. 
(英) In spite that superior abilities of visually impaired in tactile sensation are confirmed in some studies, the number of systems using such abilities is not so many. In this study, we have developed and evaluated an interactive system utilizing the superior abilities of visually impaired with additional active elements of gestures to make them enjoy. We employed TECHTILE toolkit as a device to output tactile sensation and Kinect for Windows as a device to recognize the gesture, and developed an interactive system with some types of tactile sensation and corresponding gestures. Experiments were performed to evaluate the system. We joined an exhibition for visual impaired and performed an experiment. The experimental results are reported in this article.
キーワード (和) 触感 / TECHTILE toolkit / ジェスチャ / 視覚障碍者 / インタラクティブシステム / / /  
(英) Tactile sensation / TECHTILE toolkit / Gesture / Visual Impaired / Interactive System / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 512, WIT2014-103, pp. 101-105, 2015年3月.
資料番号 WIT2014-103 
発行日 2015-03-06 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2014-103

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2015-03-13 - 2015-03-14 
開催地(和) 筑波技術大学 春日キャンパス 
開催地(英) Kasuga Campus, Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2015-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 触感とジェスチャを用いた視覚障碍者向けインタラクティブシステムの開発 
サブタイトル(和) 展示会への参加 
タイトル(英) Development of Interactive System for Visually Impaired using TECHTILE toolkit and Gesture 
サブタイトル(英) Joining an Exhibition 
キーワード(1)(和/英) 触感 / Tactile sensation  
キーワード(2)(和/英) TECHTILE toolkit / TECHTILE toolkit  
キーワード(3)(和/英) ジェスチャ / Gesture  
キーワード(4)(和/英) 視覚障碍者 / Visual Impaired  
キーワード(5)(和/英) インタラクティブシステム / Interactive System  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼田 啓佑 / Keisuke Usuda / ウスダ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 秀平 / Shuhei Matsuoka / マツオカ シュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大倉 典子 / Michiko Ohkura / オオクラ ミチコ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-13 17:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2014-103 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.512 
ページ範囲 pp.101-105 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WIT-2015-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会